JAZZYな、太極拳を。

2018年01月17日

JAZZYな、太極拳を。 第1回

  〜The Days of Wine and Jazz〜     by Taka Kasga


 久しぶりに生のジャズを聴きたくなって、日本でライブ・レストランを予約した。

 世界のトップアーティストが、入れ替わり立ち替わり毎夜ライブ演奏をする、よく知られたナイトクラブが東京にある。もとはニューヨークにあった店で、常にチェックをしていないと、タッチングなアーティストが来た時や人気のセットだと、アッという間に席が一杯になって、なかなか良い席を確保できない。

 音楽は、やっぱりライブに限る。
 ぼくは球場や武道館のような巨きな会場ではなく、アーティストの息遣いまで聞こえてくるような、こじんまりとしたライブハウスが好きだ。ニューヨークには10ドル札を握ってフラッと入って、それでチケットを買うとウイスキーが1杯付いて来る、客が肩を寄せ合うようなちっぽけなジャズハウスもあった。そんな処でナマのジャズに触れると身もココロも浄化され、また新しい明日が来るのを確信できるような気持ちになれる。

 東京のナイトクラブは、幸いにもステージにほど近いボックス席が取れたので、大切な人と一緒に、ちょっとお洒落をして、気の利いたお酒と料理を摘まみながら、迫力のある生演奏に触れて来ることにした。


 そして丁度そんな時に、新しいカテゴリーを開設したいから、何か書いて貰えないかという依頼が、すげー館の事務局から来た。
 「龍の道」だけでも手が一杯で、それでなくても本業が忙しくて、いつも原稿がギリギリのアップであっぷあっぷしてるのに、新しい記事なんかとても書けるワケはない、と思ったのだけれど、「まあ、これも稽古だと思って楽しんで、気合いで書いて行きましょう ♪」などと、化勁で巧みに崩すように言われ、とうとう書くハメになってしまった。

 ブログの新しいカテゴリーは、「JAZZYな、太極拳を。」なのだという。
 何でも良いから、春日サンが思いつくまま、自由気儘に書いてくれれば良いです。
 別にジャズの中身には拘らないし、掲載日を決めなくてもかまわない。
 ジャズソウル、ジャズフュージョン、アダルトコンテンポラリー、シャーデー、ザーズは言うに及ばず、ケニーGだってアリ、何でもヨキに計らってケッコーです・・・と仰るので、ほ、それならばナンボでも─────と、気楽に書くことにいたしましたのです、ハイ。


 でも、どーして、なんで今、すげー館で「ジャズ」なのヨ?─────と聞くと、
 「師父はジャズがお好きですからね」、だって・・・あはは。
 でも、いくら何でも、それだけの理由じゃないでしょうと、よく聞いてみると、
『そもそも、Alfa Romeo を駆るときにジャズはよく合うし、ワインとジャズも、ウヰスキーとジャズも、ビールとジャズも、太極拳とジャズも、とてもよく似合う。だから、武藝館のブログに、ジャズカテがあっても、イイじゃないか!』
・・などという、「グラスの底に顔があっても岡本タロー(古っ!)」みたいな、師父のご意見があったといいます。
(不明な人はググってください。僕もそのグラスを持ってます ( ^ω^ )

 因みに、アルファを駆る時にジャズというのは、実際にはちょっと難しいのです。だってエグゾーストノートが余りにもやかましい・・いや、アルファサウンドと呼ばれるほどの、とても心地良い響きなので、BOSEだろうがカロッツェリアだろうが無理、本来不可能なのです。
 でも、アルファにジャズってのは大賛成ですね。新しいジュリエッタなんか室内が静かそうで、すごく合うんじゃないかな。ジュリエッタ、ほすい。。(。-_-。)


 ついでですが、そもそも太極拳の套路を演じる人は、どうしてみんなサテンのパジャーマーズみたいな服を着て、申し合わせたみたいに喜多郎の「シルクロード」をバックにかけながら遣りたがるンだろうか─────ぼくはそのコトが、ずっと不思議でした。

 別に喜多郎の曲がマズいってワケじゃない。ぼくは彼のアルバムはほとんど全部持っているし、まだシルクロード・デビューする以前の、つまり彼が売れないヒッピーの頃の、遥か昔のアルバムも、ヤフオクにも出さずに何枚か持っているし、日本武道館のハレのライブに行ったことだってあるのだから、彼を貶(けな)すつもりなんか毛頭ない。
 確かに、ちょいとリズム感が悪いかな、というキライはありますけどね。♪(´ε` )

 ただ、誰も彼もが「シルクロード」を掛けながら、ランチャーイー、ダンビエン、とやっているのが、ぼくにはチト不思議なのです。(ランザツイとか、タンベン、ゲホココ、なんてゆーのは、もっと不思議ですが)
 喜多郎のシルクロードは、とてもハートフルな佳い曲です。
 同名のNHK番組のテーマ曲をはじめ、シリーズの全曲を担当していて、彼の曲のお陰で、あのテレビ特集の映像が、視聴者にどれほど悠遠に、神秘的に、幻想的に映ったかは、計り知れないと思うのです。
 ただし、ですな・・・日中共同製作であるNHKの「シルクロード」という番組と、その舞台となった支那(China/チャイナ)に関しては、アレコレ言いたいコトが山ほどある。だけど、ここでは場違いなので、グッと堪(こら)えて、いつかバッコーンと爆発する時に備えての 蓄勁にしときましょう。押忍っ。

 ちなみに、ぼくは独りで套路を練る時には「ENIGMA 3」なんかをかけます。
 ・・というか、その曲が掛かっているときに(執筆中なんかに)套路をやりたくなる。
 5曲目の「Why !」、6曲目の「Shadows in Silence」なんか勝手に体が動いてきて、うおおっ、コレが十八球だ!、いや、幾つにも割れるから「ちかいの魔球」だ!、いいや、軽くて飛びそうだから「オバ球(Q)」かな?、それっ、♬ 8キロ、10キロ、50キロ・・なんて、ひと休みするまで思えてくるのです。(最古〜っ)


 えぇ〜っと・・・違った、ジャズだ!、ジャズの話だった─────
 これは地の糧、オンドレ・ジイド・・
 いやいや、ジャズ・カテの話だっけ。オンドレは、ナ二考えとんぢゃいっ!
 おっと、すんません、初回からつい極道言葉が入っちまいました。。(^0^;)
 ENIGMA はジャズじゃないっスね。
 喜多郎と同じような、ヒーリング・ミュージックの部類に入れる人もいますけど。
 余談ですが、豪州ではKITAROは、カイタローと呼ばれています。



 さてさて、ようやく本題。
 記念すべき、第1回目にご紹介するアルバムは────────

 そうね・・・うん、

 「Easy to Love / Roberta Gambarini 」

 にしましょう。

 
 ロベルタ・ガンバリーニ。
 1972年生れ。イタリアのピエモンテ州、トリノ出身の女性ジャズシンガー。
 12歳の時からクラリネットを習い、17歳からジャズクラブで歌い始め、翌年からキャリアを磨くためにミラノに移り住み、数々の国内フェスティバルに入賞。
 その後、1998年に活動拠点をニューヨークに移し、セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズボーカル・コンペティションで3位に入賞。本格的にジャズシンガーとしての道を歩み始めました。
 2005年(33歳)に、『Easy to Love』でアルバムデビュー。


 ─────いやあ、これは昨今の、やたらと色気やムードだけで売り込んでいる薄っぺらなジャズシンガーとは全く異なる、久々のホンモノです。
 この「Easy to Love」は、2007年のグラミー賞のベストジャズアルバム部門にノミネートされた大傑作です。ぼくはこのアルバムが彼女の「デビュー作」だと聞いて、本当にビックリしました。ぜひ、この素晴らしいアルバムをじっくりと聴いて、本物の深みを味わってください。

 このアルバムのピアノ奏者、Tamir Hendelman(タミール・ヘンデルマン)はオスカーピーターソンも太鼓判を押すほどの実力者。15歳の時に「合歓の郷」のジュニア・オリジナル・コンサートに来日出場した経歴も持っています。

 2008年には、そのタミール・ヘンデルマンと共に来日しました。
 ロベルタは、20014年の春にも来日して、先述の東京のジャズクラブでもライブをしたそうなんですが、ああ、いちど日本でナマで聴きたいなぁっっ・・!!

 エラ・フィッツジェラルドや、サラ・ボーンの再来とまで言われているロベルタさん。
 あの偉大なカーメン・マクレエを彷彿とさせるような、本物の実力派です。
 貫禄の歌いっぷりには、ただひたすら、脱帽するしかありません。
 この人が21世紀のジャズに大きな足跡を残すことは、もはや疑いようがありません。
 まだご存じない方は、ぜひぜひ、聴いてみることをお勧めします。


CDジャケット


     

     



 ついでに───────
 このアルバムに似合うワインは?

 ・・って、なんでワインまで話が飛ぶんだいっ!・・とお思いでしょうが、
 この記事のサブタイトルが "The Days of Wine and Jazz"(サケとジャズの日々)なのよね〜 ^_^;

 で、すげー館の「そむりえ・まっつ」さんにでも訊こうかと思ったんだけど、
 ええい、オイラだって酒呑みの端くれ、いっそ自分で選んじゃえっ(呑んじまえっ)、となりまして・・ハハ



wineuki_0209001005124


  
 この、GAJA MAGARI(ガヤ・マガーリ) 2011 ROSSO ─────
などは如何でしょうか?・・まずまずのオススメだと思います。


 イタリアワインの帝王といわれるガヤさんがピエーヴェ・サンタ・レスティトゥータの
 次に手に入れたのが、ここ、トスカーナのポルゲリ地区にある「CA' MARCANDA」。

 熟した黒系果実の味としなやかに感じられるタンニン、ボルゲリ地区で注目品種である、カベルネフランを主体に、カベルネソービニヨン、プティヴェルドを加えたボルドーブレンドで、フローラルな芳香が満ちて、骨格もしっかり、酸味とまろやかさが備わったエレガントな味わいです。
 デイリーワインには贅沢ですが、ちょっとした記念日や気分を変えたい週末に、大切な人とふたりで、キャンドルを灯して味わうにはピッタリな一本でしょうね。
 
 ワイナリーの名前である「CA' MARCANDA(カ・マルカンダ)」というのは、
 ピエモンテ地方の方言で「望みのない家」という意味。

 オーナーのガヤさんは、このワイナリーの土地を手に入れるために所有者に何度も交渉を
 しましたが、何回行っても断られ続け、何と18回に及ぶ交渉の末、ようやくこの土地を
 譲り受けたといいますが、交渉に行くたんびに断られるので、奥さんから
 「アナタ、懲りもせずにまた ”カ・マルカンダ(望みの無い家)” に行くの?」
 と、呆れられていたので、それをワイナリーの名前にしたのだそうです。
 ボクだったら、「へ・マタイクンダ」なんて名付けるところですけど σ(^_^;)

 さあ、皆さんも、極上の一杯を飲りながら、ホンモノのジャズを聴いて・・

 稽古をいくらやってもマルカンダ(上手く行かない・望みがない)なんて言わずに、
 たぶん、きっと、parhaps, maybe・・(MAGARI の意味です)、
 望めばきっと手に入る!、と信じてあきらめず、しっかりとガンバリーニ!!


                              ( Cheers!)



 *GAJA MAGARI (ガヤ・マガーリ) 2011 ROSSO
  イタリアワインの帝王ガヤがトスカーナのボルゲリで造るシリーズ。
  ガヤの実力が如何なく発揮された、世界中で高い評価を受けるプレミアムワイン。
   <参考価格/2015年 750ml 6,300円(税抜)>

taka_kasuga at 22:36コメント(11) この記事をクリップ!
Categories
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)