資料映像集

2013年02月24日

資料映像#53「本部御殿手 その1」

 「本部御殿手」第十二代宗家 上原清吉先生 1


     
 
 

  上原 清吉 先生(うえはら せいきち・1904〜2004)
  本部御殿手・第十二代宗家


 明治37(1904)年、沖縄の島尻郡小禄村(現 那覇市)に生まれる。
 小学校の時に家業が破産し、家業を手伝って行商をしていたが、大正5年(1916年)、
 「本部御殿」の直系第11代当主である本部朝勇(もとぶ ちょうゆう)に師事し、
 「御主加那志前(琉球国王)の武藝」と呼ばれる古武術を学ぶ。

 本部御殿(もとぶうどぅん)とは、琉球王国 第二尚氏王統・第十代 尚質王の第六王子、
 本部王子朝平(1629〜1668年)を元祖とする琉球王族のことであり、
 御殿(うどぅん)は王族の邸宅や、そこに暮らす王族を意味している。

 大正13(1916)年、首里城の演武大会に本部朝勇と共に参加。
 大正14(1917)年、那覇の大規模な唐手大演武大会に参加。
 同年、師の命を受けて和歌山県に赴き、本部朝勇の次男、本部朝茂に武藝を伝授する。
 大正15(1926)年、兄を頼ってフィリピン南部の都市・ダパオに移住。
 昭和3(1928)年、フィリピンの「昭和天皇御大典記念演武大会」に、沖縄代表の一人
 として参加。同年、ダパオに道場を開設。戦争が始まる昭和16年まで指導を続けた。

 同年、フィリピンにて軍隊に徴用。
 昭和22(1947)年、復員して沖縄に戻る。
 昭和26(1951)年、宜野湾市で指導を再開する。
 昭和45(1970)年、本部朝勇から受け継いだ技を一般に公開する決意を固め、
 流派の名を「本部御殿手」と命名し、本部御殿手古武術協会を設立する。

 平成15(2003)年、本部朝勇の弟・朝基の子息、朝正(ちょうせい)に宗家を譲り、
 本部御殿の伝統武術が再び本部家の系統に戻ることになった。

 平成16(2004)年、老衰のため逝去。享年百歳。


tai_ji_office at 21:21コメント(0) この記事をクリップ!

2013年01月07日

資料映像#52「心意六合拳」

 心意六合拳 張雲龍老師


     
 
 

  張雲龍(ちょう・うんりゅう=Zhang Yun-long)老師
  回族。 1962年、安徽太和(現安徽省泰和)に生まれる。

  心意六合拳大師
  阜陽心意六合拳研究会主席
  泰和郡イスラム協会副会長
  太和県心意六合拳協会会長

  1970年 査拳の名家に弾腿、査拳、武器を学ぶ
  1982年 河南派心意六合拳を尚学礼老師に学ぶ
  1984年 河南省周口市河西の石耀祖老師に学ぶ
  1990年 大成拳の名家、王選傑老師に学ぶ
  2004年 大成拳の名家、楊鴻晨老師に学ぶ
  2005年 形意八卦大師の潘小傑老師に学ぶ

tai_ji_office at 12:48コメント(0) この記事をクリップ!

2012年11月11日

資料映像#51「陳小旺老師の腰相撲」

 陳小旺老師の腰相撲


     
 
 

  陳氏太極拳第19世伝人 陳小旺老師が、重量級の柔道選手や、20人の太極拳家、
  さらには「大力士王」の誇称をもつ中国随一の力持ちと腰相撲で勝負するテレビ番組
  です。

tai_ji_office at 22:07コメント(0) この記事をクリップ!

2012年10月12日

資料映像#50「1980年代の陳家溝と陳氏太極拳」

 '80年代の陳家溝と陳氏太極拳


     
 
 

   資料映像集の第五十回目を記念して、今回は陳家溝を取り上げました。
     
   これは1980年代に日本のテレビ番組で紹介された陳家溝と陳氏太極拳の映像です。
   当時三十歳代だった陳正雷老師や朱天才老師、王西安老師も登場しています。

   現在では陳家溝もずいぶん様変わりしているということですが、
   まだ昔日の陳家溝の面影が残されている、大変貴重な映像です。
   陳家溝を訪れたことのある人も、ない人も、どうぞお楽しみ下さい。
    

tai_ji_office at 23:30コメント(0) この記事をクリップ!

2012年09月24日

資料映像#49「纏絲勁訓練 その4」

陳氏太極拳第十一代伝人 朱天才老師


     
 
 
     
    朱天才老師は、陳小旺、陳正雷、王西安老師と共に当代陳氏太極拳を代表する
    「四大金剛(四傑)」の一人であり、陳氏太極拳第十一代伝人である。
    1944年7月25日に陕西省西安市で生まれ、6歳の時に母親の陳富英と共に
    陳家溝へ帰り、外祖父で十代伝人である陳広禄のもとへ籍を移した。

    10歳で太極拳を始め、十代伝人の陳照丕より陳氏太極拳老架套路、太極推手、
    太極器機を学び、師の死後は陳照奎から新架式套路や擒拿技巧などを学んだ。
    現在は「陳家溝天才太極院」の院長を務め、国内はもとより、国外22カ国に
    トレーニングセンターを設置し、陳氏太極拳を伝受している。

tai_ji_office at 23:22コメント(0) この記事をクリップ!
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)