2022年01月01日

笑 門 来 福

  新しい年が実り多き年でありますように
  本年もどうぞよろしくお願いいたします 




日頃よりブログタイジィをご愛読いただき、誠にありがとうございます。
昨年は、札幌支部の支部長と副支部長が新たに任命され、コロナ禍の中でも玄花后嗣を中心に本部道場と札幌市部の間でリモートによるビデオ稽古が定期的に行われ、後半では后嗣による支部訪問と稽古指導が叶えられました。

稽古に於いては、困難の中でも現状維持に留まらず、試行錯誤の繰り返しによって更なる高みを目指すその姿勢こそが、太極武藝館創立の時より変わることのない揺るぎない軸であることを再確認し、私たちも背筋が伸びる思いでした。

時の流れは止めることも巻き戻すこともできず、ただそこに流れがあるだけですが、ただ流れただけの時間にすることなく、濃密な時の積み重ねとなるよう、正に「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」と心得て、皆さんと一緒に学び成長していきたいと思います。

ブログ編集室は昨年、数ヶ月間のブログ休載期間を頂きましたが、今年はその分を取り戻す勢いで充実させていく所存でおります。
本年も「ブログタイジィ」を、どうぞよろしくお願いいたします。

     令和4年  元旦

               太極武藝館オフィシャルブログ
               「Blog Tai-ji 編集室」スタッフ一同





tai_ji_office at 01:00コメント(14)お知らせ  

コメント一覧

1. Posted by 松久宗玄   2022年01月01日 10:21
旧年中は大変お世話になりました。

新年を迎えて、新たに心機一転し、日々精進を積み重ねたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
2. Posted by 西川敦玄   2022年01月01日 10:26
本年もよろしくお願いします。
昨年は困難なこと様々有りました。その時間の中で澱むこと無くそれぞれが考え成長した一年であったとも思います。
サイクルが巡り新しい一年の始まりとなりましたが、この流れの中、清流の止まることなく、それでいて湖面に月を映すような静謐さも持って行きたいと思います。
 
3. Posted by 川島玄峰   2022年01月01日 11:20
昨年、札幌支部長に任命させて頂き、太極拳への揺るぎない気持ちと皆様への感謝の気持ちで支部の稽古をすることができました。
これも大変お忙しい中、熱心な御指導をして頂いた玄花后嗣と門人の皆様の心強いご協力があったからだと思います。
ありがとうございました。

今年は、より一層実力をつけ、果てしない太極の大道を歩み成長するよう精進して参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
4. Posted by 清水 龍玄   2022年01月01日 11:35
旧年中は大変お世話になりました。

新たな年を迎え、気持ちも新たに稽古して参ります。
本年も宜しく御願い申し上げます。
 
5. Posted by 川山継玄   2022年01月01日 11:50
旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。

全ては自分の責任で選択していることである、と痛感した昨年でした。
今年は太極という大きな流れに身を委ね、自身では抗うことのできない循環を感じながら毎瞬を大切に精進したいと思います。

本年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
 
6. Posted by 阿部玄明   2022年01月01日 12:59
旧年中は大変お世話になりました。

今年はとても厳しい寒さで始まり、一層の激しい変化が個人にも社会にも待ち受けている予感があります。いちいちそれらに驚いて右往左往していている時間はないわけでやるべきことをやってゆくだけです。

自分がやっていることがほんとうに正しいかどうかは稽古の成果が教えてくれるのでひたすら打ち込んで行く。そんな愚直さで体と心を整え、最短距離で目的地に向かっていきたいです。

本年もまた宜しくお願いいたします。
 
7. Posted by 円山玄花   2022年01月01日 14:15
新しい年の幕開けに相応しく、素晴らしい快晴で、「遠州の空っ風」が吹き荒れています。
便利な生活を「便利だ」とさえ思えなくなるほど便利さにどっぷりと浸かった自分は、嵐のような風が吹くだけで野生のアンテナにスイッチが入り、平々凡々と流れていた生命のエネルギーが急速に廻り始めるのを感じます。
便利さは快適で安全な生活のために利用すべきではありますが、意識的に利用していないと便利さの反対側にある危機にも気がつけません。
稽古もまた、そのような状態で前進している気になっているだけでは空回りしていることもわからず、徒労に終わるのだと思います。
意識的に自身を研ぎ澄ませていくこと。
必要であれば躊躇う事なく不便さの中に身を投じること。
今年はそれらのことを柱に置き、より細かなフィードバックを繰り返しながら、歩んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
8. Posted by マガサス   2022年01月01日 15:28
新しい年が始まりました。
抜けるような青空が広がり、晴れ晴れと、清々しい気持ちになります。
今まで、自分は温かく大きな力に守られていたんだと痛感した昨年。
これからは自分の頭で考え、自分の足で歩いていかなければならないんだと大きな責任を感じました。
経験をきちんと実力にして、自分を鍛えたい。
「あせらず、くさらず、あきらめず」生き抜く力を身につけていける1年にしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いたします。
 
9. Posted by 太郎冠者   2022年01月01日 16:16
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

昨年は図らずも、教わるのを待っているのではなく、自ら学習していかなければならない、ということを痛感した一年となりました。

太極拳を学ぶ学徒の一人としてのみならず、一人の人間として、また一個の生命として、
自然と調和し、自らの力で、その足でもって進んでいかなければならないと、強く感じます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
10. Posted by ハイネケン   2022年01月01日 20:19
昨年は数多くの戸惑いの中で、「稽古する事ができる」という事を味わえた年となりました。
本年はどの様な年に出来るのかは自分次第ではありますが、皆様に支えられ稽古が出来る事に感謝しております。
本年も宜しくお願い致します。
 
11. Posted by オポルト   2022年01月01日 22:03
新しい年に向かって頑張りたいと思います。
本年もよろしくお願いします。
 
12. Posted by マルコビッチ   2022年01月01日 22:09
旧年中は大変お世話になりました。

新しい年が始まり、ブログを開いたら何とも美しい景色の始まり!
清々しい気持ちになりました。
ここは私が今まで行ったことのない場所の眺めで、この流れを感じさせないほどの静かな流れの先はどうなっているのでしょう。
勇気を出して、積極的に太極拳の流れに乗って、見たことのない景色を見たいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。
 
13. Posted by 平田玄琢   2022年01月03日 08:01
『ふりつもる み雪にたえて いろかへぬ 松ぞおおしき 人もかくあれ』
この和歌は、終戦翌年の歌会はじめの昭和天皇御製です。「松上雪」しょうじょうせつといわれています。
重く冷たい雪がふり積もっても青々として決して色を変えない松を見て、人もこのようにありたいものだと陛下は思われた。と一般的に訳されています。
私の推測では、戦勝国の顔色を窺いさっそく色を変え始めた臣下を見て、どうか国民は色を変えないでほしいと願われた和歌ではないかと思います。
私個人に置き換えてみれば、今後さまざまな困難にあっても、決して初心を忘れずに楽しんで精進し、皆さんと切磋琢磨していきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
14. Posted by みみずく   2022年01月04日 14:24
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくご指導の程、お願い致します。

約2年ぶりに実家に帰郷し、母、家族と充実した時間を過ごすことができました。
往復の車の運転が、今までになく最高に快適でした。
これからも本物に折に触れ、感性を磨いていきたいと思っております。
 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Categories
  • ライブドアブログ