2013年02月24日

資料映像#53「本部御殿手 その1」

 「本部御殿手」第十二代宗家 上原清吉先生 1


     
 
 

  上原 清吉 先生(うえはら せいきち・1904〜2004)
  本部御殿手・第十二代宗家


 明治37(1904)年、沖縄の島尻郡小禄村(現 那覇市)に生まれる。
 小学校の時に家業が破産し、家業を手伝って行商をしていたが、大正5年(1916年)、
 「本部御殿」の直系第11代当主である本部朝勇(もとぶ ちょうゆう)に師事し、
 「御主加那志前(琉球国王)の武藝」と呼ばれる古武術を学ぶ。

 本部御殿(もとぶうどぅん)とは、琉球王国 第二尚氏王統・第十代 尚質王の第六王子、
 本部王子朝平(1629〜1668年)を元祖とする琉球王族のことであり、
 御殿(うどぅん)は王族の邸宅や、そこに暮らす王族を意味している。

 大正13(1916)年、首里城の演武大会に本部朝勇と共に参加。
 大正14(1917)年、那覇の大規模な唐手大演武大会に参加。
 同年、師の命を受けて和歌山県に赴き、本部朝勇の次男、本部朝茂に武藝を伝授する。
 大正15(1926)年、兄を頼ってフィリピン南部の都市・ダパオに移住。
 昭和3(1928)年、フィリピンの「昭和天皇御大典記念演武大会」に、沖縄代表の一人
 として参加。同年、ダパオに道場を開設。戦争が始まる昭和16年まで指導を続けた。

 同年、フィリピンにて軍隊に徴用。
 昭和22(1947)年、復員して沖縄に戻る。
 昭和26(1951)年、宜野湾市で指導を再開する。
 昭和45(1970)年、本部朝勇から受け継いだ技を一般に公開する決意を固め、
 流派の名を「本部御殿手」と命名し、本部御殿手古武術協会を設立する。

 平成15(2003)年、本部朝勇の弟・朝基の子息、朝正(ちょうせい)に宗家を譲り、
 本部御殿の伝統武術が再び本部家の系統に戻ることになった。

 平成16(2004)年、老衰のため逝去。享年百歳。


tai_ji_office at 21:21コメント(0)資料映像集  

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Categories
  • ライブドアブログ