2009年02月13日

練拳 Diary #8 「ボール乗り・その2」

 ある日の、ボールを使った稽古中でのことです。
師父が、ボールの上に立つときの「足幅」について指導されました。

 ボールのように不安定な物に乗ろうとするときには、誰でも初めは足幅を広く取りたがる傾向にあります。身体を安定させるためだと思いますが、人によっては、足でボールを挟むように固定したり、自分が乗りやすいように大きく「ハの字」に開いていたりします。

 それを見た師父が、足幅をいつもよりもっと狭くしてみるように仰いました。
 そして更に、「そうすることで、自分が何に頼りたがっていたのかが分かる」と、付け加えられました。

 この「足幅」については、私にとってもひとつの課題となっていて、ボールに立つときには、自分の感覚としては比較的狭い幅で立っているようなつもりでも、実際は広くなっていることが多かったのです。
 また、狭くしてみようとしていても、なかなか「何に頼りたがっているのか」という意識にまでは至らなかったので、さっそく「狛犬」を使って確認してみることにしました。

 「狛犬」では、慣れない人は先ず身体を緩めて、ボールに寄り掛かるように乗ろうとしてしまいますが、それでは身体がトータルに使えない、と注意されます。
 また、そのような場合には、やはり脚が乱れて「ハの字」に開きやすく、膝は力なく弛んで曲がり、お尻がボールに着くほどに低くなってしまうのが特徴です。このような「休憩中の狛犬」の恰好では、ボールにしがみつくのが精々で、とても武術的とは言えません。
 正しい身体の状態では、足腰が正しく使われて、見た目にも弛みや寄り掛かりが見られず、
そうなると一般門人といえども、ちょっと迂闊には近寄りがたいものさえ感じられます。

 その「狛犬」で、いつもより足幅を狭くしてみると、急に不安定になります。
足幅の狭さに直ぐに身体が反応して、左右に足でバランスを取ろうとし始めたのです。
 以前に比べれば、かなり軽く乗れているつもりでいたのに、知らない間に足を使って左右への安定を求め、その結果足が居着いていたとは・・・
 これぞ「日常」という考え方に他ならないと思いました。

 床の上で狛犬や蹲踞の形を取ったとしても、ボールから落ちるような心配はなく、その状態で足幅を狭くしてもそれほど大きな変化はないので、ボールの上でなければこのようなことに気が付けなかったかもしれません。

 ・・その発見があってからは、「狛犬が必死に玉と戯れるの図」よろしく、ボールの上で七転八倒しながらの悪戦苦闘が始まりました。
 しかし、丁度都合よく、基本功で足が居着かない感覚が生じ始めていたところだったので、そのことにも助けられ、以前よりは狭い足幅で「汗をかきつつ玉の上に落ち着いた狛犬」のような状態が、何とか取れるようになりました。

 そのときの感覚は、それまでに味わったことの無いもので、足元はまるで雲に乗っているように軽く感じられ、かと言って、決して浮ついているような感じではなく、腹や腰の辺りにはかつて無い充実感があります。
 また、その状態から立ち上がろうとした際には、そこにはすでに「立ち上がる」ために必要な足の感覚などなく、上でも下でも、前でも後ろでも、右でも左でも、まるで無重力空間に居るかのように、行きたいところに好きなだけ、思うままに動けそうな気さえするのです。

 完全に立ち上がってみても、その状態はまったく変わらず、不安定だった足元は、遠くで勝手にゆらゆらと動いているのを感じるだけです。
 ・・なるほど、ボールの練習段階は数あれど、理解したい身体の状態は「ひとつ」であると、常日頃の稽古で言われている理由が、少し解かったような気がしました。
 そして、今までとは一味変わった「ボール乗り」の感覚に、これなら師父が言われた、ボールからボールへと「渡り歩く」ことも出来るのではないか・・・などと、調子の良い夢を見られたのも束の間、不意に大きく揺らいだ足元にハッと我に返り、慌ててボールから跳び下りたことでした。


 さて、ボールの訓練のなかでも、この「ボールに立つ」ということは、一般門人にとっては、ある一線を越えた「特殊な状態」として捉えられているようです。
 ある人は「狛犬」や「狛犬の前足上げ」まで軽々と出来ているのに、さていよいよ立ち上がるという段になると、身体の状態は急変して固く緊張したものとなり、それに対してボールは先ほどまでよりもずいぶん軟らかく、急に頼りない質の物に変化したように感じられ、その不安定な接地感覚に、足はますます固くなってくる・・というのです。
そうなると、もうアタマはすっかり恐怖心で一杯になり、何やら目眩までしてくる、と。

 「どのような訓練でも、まず、アタマが疲れてくるのが正しいのですよ。
   真っ先にカラダが疲れるようでは、まだまだ正しい練功とは言い難いですね・・」

 そんな師父の言葉を聞いているときは、「ふむ、なるほど・・」と納得できても、ボールから下りたときには、腿もスネも、足の裏までもがパンパンに張っていて、おまけに背筋まで固めていたのか、身体も思うように動かない、などという声もよく聞かれます。

 ・・・かくいう私も、そのひとりでした。
 ボール乗りの訓練を始めた頃、先輩たちが、ひとり、ふたりとボールに立ち始めているのに、自分は出来たとしても、精々が「不格好な狛犬」まで・・・
 勇気を振り絞って腰を持ち上げようとしても、握ってもいない掌にはジットリと脂汗が滲み、足元はすっかり固まってしまい、安物のマッサージ器の如く、ダダダダッと細かく震えだし、
やむなくお尻をボールにつけては、前方に転がって降りることの繰り返しでした。
 たとえ偶然に巧い具合に立つことができても、その時それを維持するのが精一杯で、次にもう一度立とうとすると、決して同じようには立てないのです。
 それは、「何ゆえに立てた」のかが分からないまま、立ってしまったからだと思います。
 つまり、太極拳の理論に照らしたときに、ボールに「立てる」ということが、どのような拳理と符合するのかが見えていなかったのです。

 そんな、自他共に認める ”スーパー運動神経音痴” な私が、曲がり形にもボールに立てるようになったのは、ただひたすらに「馬歩」のお陰であると思えます。

 馬歩には深遠な原理があります。見た目には脚を並行にして腰を下ろし、馬歩の要求を守っているつもりでその姿勢を維持していても、そこに「馬歩」の玄妙なる「はたらき」は生じていませんし、そのような身体の状態では、自分にとって都合の良い安易な足の形で乗ることと、何も変わらないものになってしまうのです。

 「馬歩」は、太極拳の原理は無論、発想の持ちようから考え方、更には戦い方までもを示してくれている、とてもありがたい架式です。ただしそれは、馬歩で立てば誰にでも理解できるなどといった単純なものではなく、太極拳という巨大なパズル・・「タイジィ・コード」の謎を解く大きなヒントとして存在しているのです。

 そして、それは何も太極拳の馬歩だけが特別なのではなく、中国武術をはじめ、唐手や古武術など、およそ「武術」と名の付くものであれば何処にでも存在するはずの、最も普遍的で基本的な立ち方のひとつではないかとも思え、あとは、示されたヒントを元に、それをどこまで深く掘り下げていけるのかが、私たち修行者に問われているような気がするのです。

 ボール乗りという「非日常」に取り組むことで、自分の中の「日常性」が見えてくるということは、日頃から指導されているとおり、「陰の中に陽が存在し、陽の中に陰が存在している」という太極原理そのもののように感じられます。

 「非日常」だけを追求して、そこに生じている自分の馴染み深い「日常性」が見えなければ、ただ単にボールに立つということは出来ても、太極拳という高度な武術が有する身体構造の真髄には、その片鱗にさえ触れることも叶わないのだと、つくづく思い知らされます。

                                 (了)



* 以下は一般クラスでの「ボール乗り」の練習風景です *


     


     


     



xuanhua at 18:58コメント(0)練拳 Diary | *#1〜#10 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Categories
  • ライブドアブログ