Welcome to Blog Tai-ji



  太極武藝館のブログ、「Blog Tai-ji(ブログタイジィ)」へようこそ。
  このブログは、太極武藝館の創立15周年を記念して平成21年1月より
  開設されたものです。

  Blog Tai-ji では、普段の稽古の様子はもとより、どのような人がここで学び、
  どのように稽古し、太極拳の学習がどのように日常生活と関わっているのか・・・
  それらを中心に、新鮮で盛り沢山な内容を掲載していきたいと思っています。

  私共にとって初めての試みでもあり、至らぬ点は数多いと思いますが、
  お気づきの点などがございましたら、当方までお知らせいただければ幸いです。

  なお、コメントの書き込みにつきましては、現在のところ、小館門人および
  ゲストの方々のみに限らせて頂いておりますが、コメンターとして参加を
  希望される方は、太極武藝館・事務局までご連絡下さい。

  また、当ブログを快適にご覧いただくために、
  ウェブ・ブラウザは「Safari」または「Firefox」をお勧めいたします。



            太極武藝館オフィシャルブログ「Blog Tai-ji」編集室



2017年05月22日

門人随想 「今日も稽古で日が暮れる」 その31

   「 くう ねる いきる」

                   by 太郎冠者
(拳学研究会所属)



何気ない日常生活を送っていると、ふと気がつくと、自分が生きている実感がほとんど伴っていない、ということがあります。
 
武術とは非日常の世界であり、生き残るための技法である…。
 
そういう気持ちで取り組んでいるはずの、高度な武術の稽古の裏側で、実際に多くの時間を過ごしているのはふだんの生活です。
仕事をし、家に帰り、稽古に行き、また帰ってくる。
もう何年も続いている、日常生活の中で、なぜ生きている実感を感じられない瞬間があるのでしょうか。
 
それは単に寝不足で疲れていたり、なにか悩みがあったりとか、そういった些細なことの積み重ねで、ほんの少しずつ歯車がずれてしまっていると感じている、そういうことでしかないのかもしれません。
 
けど、自分に限らず多くの現代人の生活を見てみると、生きることとは一見無関係にも思えるような仕事に取り組み、生活の糧を得ているはずです。
必要なものがあればコンビニやスーパーで買いそろえ、インターネットで注文すればたいていのものが手に入る時代です。
もちろん、それは否定しません。
ですが自分自身のこととして、生きるために何が必要なのか、そこのところがまったくわからなくなってしまっているようでした。
 
 
今年に入り、研究会では特別稽古として、数回の野外訓練を行いました。
研究会の野外訓練! というと一般門人の方の中には、
「相当特別なすごいことをやっているに違いない…!」
と、内容を聞いてこられた方もいますが、実際には、まだふつうのキャンプを行いながら、野外での活動に慣れるといったことと、それにプラスして少しずつ課題が増やされ、野外での体の使い方を学習していくといったものです。
野外での体の使い方とは、師父から教示される軍隊の訓練に準じたものや、太極武藝館独自の学習体系に沿った訓練などです。
 
野外での訓練といっても、そこは太極武藝館の稽古ですから、食事まで徹底的に抜かりなく、素晴らしいものをいただくことになるわけです。
前回の訓練では、師父お手製の特製カレーをふるまっていただき、おいしく味わわせていただきました。
特別に参加していた一般門人のI(アイ)くんは、
「普段の食事より豪華な物を食べている」「こんな御馳走は味わったことがない」
と言い、何回もおかわりをもらっていました。
本当においしかったです。
 
 
しかし、研究会のメンバーはただ食事にありつけるということはなく、ちゃんと課題を与えられていました。
それは、カレーは師父の御好意で用意していただけるので、ご飯は自分で炊く、というものでした。
いくつか条件があり、
 
 1、使って良い火は焚火のみ
 
 2、火口(ほくち)は現地調達出来るものだけ
 
 3、着火具はメタルマッチ(ファイヤースターター)で
 
あとから知ったところでは、ウッドストーブ(註:ガスやアルコールなどの燃料を使わず、小枝などを燃やして使うキャンプ用コンロ)は使用可能だったそうですが、自分は持っていなかったので関係がなかったのでした…。
 
とにかく、そういった条件が出揃い、脳裏をよぎったのは数年前に行われた最初の野外訓練での課題でした。
 
雨が降ったあと、新聞紙とマッチだけで焚火をするというものです。
それはもう、いまだに語り草になるほど散々な結果でした…。
条件がそれほど悪かったわけではありません。ただ、自分のスキルのなさが痛感させられたのです。
 
火をおこし、ご飯が炊けなければ食べるものはない。
昔だったら、ごく当たり前の話だったはずです。ただ、現代ではそれ以外の手段がいくらでもとれるため、たったそれだけのことで食事にありつけないということがないわけです。
 
今回のキャンプ事前の天気予報では、その日は雨が降るかもしれない、ということでした。
これは非常にまずいです。慣れた人からすれば「なんだそんなことくらいで」と思うかもしれません。
そうなのです。自分が「なんだそんなことくらい」と思えるようになる為の訓練なのです。その時の自分にとっては、一大事だったのでした。
 
 
幸いにも(不幸にもというべきでしょうか)、キャンプ当日は雨も降らず、焚火を行うためのコンディションは悪くない状態でした。
やらなければならないことは、テント・タープの設営、メインとなる焚火・かまどの設営、そこで使うための薪集め、それから自分用の焚火と薪の用意でした。
 
もたもたしていては日が暮れてしまいます。
効率よく動くためにはどうしたらいいか、自分だけでなくまわりの人の状況もみながら動く必要があります。
何回かキャンプをしてきたぶんは、どうしたらいいかが分かってきているようにも感じました。
反省点はまだまだあるので、次回以降に生かしていきたいと思います。
 
 
焚火をするうえで一番の課題だったのが、一番最初に火をつける火口がないというところでした。麻紐をほぐしたものを試してみよう!とお気楽に考えていた自分が本当に憎らしいものです。
 
道具は現地で調達出来るものだけ、あと頼れるのは自分のみ、です。
落ちていた木を細かく削ってみるものの、先日までの雨で木は湿っており、簡単には火がついてくれません。
そうしているうちにあたりは暗くなり始め、何かを探しに行く時間もなくなっていきます。
どうにかしないとご飯が食べられません。
ささいなことですが、目の前に差し迫った危機のひとつではあります。
 
幸い、杉の木や枝はそこらじゅうに転がっており、おもな燃料として集めてありました。
なので、事前に勉強してあった方法を試してみることにしました。
 
「備えよ常に!」
 
まさにサバイバルとは知識ですね。
知識だけではダメですが、それを使えるようになっていれば、実に役に立つものです。
 
まず、出来るだけ乾いている杉の枝から皮をナイフではぎ取ります。
皮がある程度集まったら、それを手のひらでひたすら揉みます。
しばらく揉んでいると、杉の皮が繊維状にばらばらになり、ふわふわした綿状になってきたら火口の完成です。
試そうと思っていた麻紐ほどではありませんが、それでも十分に使えそうな状態にはなりました。
 
かまどは事前に、石を積み上げて作っておきました。
ご飯を炊き始めたら、火力が調整出来るように動かせる…というふうに作った(つもりの)ものです。
 
そこに薪、小枝、焚き付け、それからいま作った火口を用意し、火をつけます。
 
一発で点火!となったらよかったのですが、なかなかうまくいきません。
「やばーい! 火がつかない!」
などと散々騒いでいた記憶があります。それも野外の楽しみです(?)。
火口の状態がよくなかったようで、新たに作り直します。
手のひらいっぱいくらいの量で、最初よりももっとこまかくほぐします。
最終的に、それでうまくいってくれました。
 
メタルマッチから飛び出した火花が火口につき、そこから火が燃え上がります。
あわてて消してしまわないように、少しずつ小枝から大きな木へと火を移していきます。
火の状態を見ながら対話していきます。稽古と同じです。
 
ようやく焚火が安定してきたら、本題である炊飯へとうつります。
事前に水に浸してあった米を火にかけ、調理開始です。
 
少しアクシデントはあったものの(ふつうのクッカーでは蓋が吹っ飛びました…)、上手に炊き上げることができました。
家でガスの火で試したときよりも上手においしく炊けたのには驚きでした。
 
自分で焚火で炊いたご飯で、師父の手作りカレーをいただく。
なんという贅沢な時間でしょうか。
 
 
翌日の朝食と昼食も、研究会は自分で焚火を起こして調理をしました。
自分は簡単なコンソメスープと、パスタをつくりました。
 
師父のカレーのことを思うと、次回はもう少し、料理のバリエーションを増やさないといけないな、と思いました。何事も勉強です。
 
 
キャンプでは新調した一人用のテントを使ったのですが、もうテント泊はおしまいです。
「一回しか使ってないのに?」
とツッコまれながらも、次はタープ泊だ、とかたく心に決めたのです。
 
男は、つねにワイルドに生きなければならない生き物なのです。
 
そういうわけで、ゴールデンウィーク中の某日、稽古はお休みだったので個人的に、ゲリラキャンプもしくは野営というと聞こえはいいですが、いうなれば野宿へと強行スケジュールで出かけました。
場所は事前に決めてあったダム湖に隣接された公園です。
用意していったのはグリーンシート(ODカラーのブルーシート)とポンチョ(これは簡易タープにもなる便利なものです)、それからシュラフです。
 
休日が取れなかったので、夕方まで仕事をしてから、夜に出掛けるというスケジュールになってしまいました。なので、本当に寝て帰るだけとなりました。
 
バイクで走ること数十分、目的地に到着です。
 
心配していた雨も降りそうになく、最終的にはタープを張る手間もはぶいてしまい、グリーンシートを簡易シェルター代わりにして眠りました。
さえぎるものが何もなく、天上に広がる星が良く見えて綺麗でした。
 
もはやタープ泊でもなんでもありません。
ただ、緑のシートにくるまった人間が寝てるだけです。
気温は暖かく快適に眠れました。
ただ、明け方になると自分から出た水分でシート内が結露し、シュラフが濡れてきてしまいました。改善の余地ありです。
 
夜が明けると即座に片付けをし、簡単な朝食を食べて撤収しました。
 
季節が季節なので、寒くて命を落とすということはないですが、もっと事前に準備をしないといけない、と痛感しました。
 
 
今年になってから特に、野外で宿泊するという機会が増えました。
時間で言えばわずかなものですが、その一回一回が、大きな学びの機会となっているように思います。
 
今も、次にいつキャンプに行こうか、そこでは何をしようか、そのために何が必要か、と着実に準備を行っています。
言ってみれば、ハマってしまったわけですが、それまでの自分には考えられなかったことだと思います。
野外で活動することの楽しさにはまってしまうと、家の中でゆっくりしているのがだんだんともどかしく感じられ、どこでもいいから出掛けたくなってきます。
 
それはおそらく、キャンプでも焚火でもなんでもいいですが、それらがすべて、代わりの利かない本番だからではないか、と思うようになりました。
そしてそれらは、食べること、眠ることなど、生きていくことの本質に直接的に関わってきます。
ただ一晩眠れない、一食食べられないというだけでは、危機は命にまでは及びませんが、自分が不利になることだけは確かです。
ちょっとした判断ミスのひとつ、失敗のひとつが自身の能力をそこなう可能性を秘めているので、そういった気持ちを持って物事に取り組む必要が必然的に出てきます。
 
まわりの状況を見て、手元にあるものを最大限使い、自分の出来ることをフルに行わなければなりません。
その上で、十分な休息をとり、また次に備えなければなりません。
一回一回がリハーサルのない本番だからこそ、そこで得られたものは、成功であれ、失敗であれ、確実に次につながっていく糧として、自分の中に残っていきます。
 
生きることと自分の間に余計なことがない。
そのことが、楽しいことなのだと思いますし、そこに充実感があります。
 
野外でシートに包まって一回寝るだけで、屋根のあるところは、たとえテントでも贅沢なのだなと思い知ることが出来ました。本当に大したことではありません。ただどこにでもあるシートと寝袋を引っ張り出して外に出ただけで、そういう経験をすることが出来ました。
次はどうしようか考えるだけで、楽しくてしかたありませんね。
一応、良い子は真似しないでね、と言っておきますが。
 
翻って、それまでの普段の生活のことを考えてみると自分はどうだったでしょうか。
衣食住の心配もなく、それらがあることが当たり前であるという上で、他のことにかかずらって思い悩んでいたように感じます。
 
稽古をしていても、はっとさせられました。
果たして自分がどれだけ、一回の稽古を本番として取り組めていただろうか、ということにです。
毎回毎回真剣に行っていたつもりでも、どこかでは「これは練習だ」と思っていたのではないだろうかと。
稽古を本当の危機だと思えていたかというと、全く自信が持てません。
それほどまでに、感覚が鈍ってしまっていたのだと思います。
 
その点、師父に相手をしていただくと、一回の対練が代用の利かない本番であるという実感がはっきりと感じられます。それは、師父がそのように取り組んでいることの証だと思います。
それを自分はその瞬間、味わわせてもらっているのだと感じます。
 
それは言われて頭で分かるものでなければ、技術や体力をどれだけ向上させても、決して理解できる質のものではないように感じます。
 
 
それが分かっただけでも、自分には大きな収穫です。
 
もちろん、それで全てが一度に変化するわけではないとしても、自分の中に付いた火種は、最初はなかなか燃え上がらなくても、適切に育てていけば、きっと大きな炎になるはずです。
 
それがどうなるかはわかりませんが、自分の中に生まれた感覚を、大切にしていきたいと思います。
 

                                (了)




*次回、「今日も稽古で日が暮れる(その32)」の掲載は、7月22日(土)の予定です


2017年05月15日

連載小説「龍の道」掲載延期のお知らせ

日頃より「龍の道」をご愛読頂き、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、本日 5月15日(月)掲載予定の「龍の道・第199回」は、
著者の春日敬之さんが大変多忙のため、掲載を延期させて頂くことになりました。

いつも楽しみにして頂いている愛読者の皆さまには大変申し訳なく思いますが、
何とぞご諒承くださいますようお願いいたします。


        太極武藝館 Official Blog ブログ・タイジィ 編集室




tai_ji_office at 18:00コメント(0)お知らせ この記事をクリップ!

2017年05月01日

連載小説「龍の道」 第198回




第198回  P L O T (18)



 いったい、どこに追っ手が居るというのか────────
 薄暗くなった窓の外をあちこち見渡しても、何も見えない。

「ワナかも知れない。取り敢えず、降りるわよ!」

 疾(と)っくに目を開けてスタンバイしている宗少尉が宏隆に言った。
 もちろん、会話は直接口にせず、指のタップでモールス信号を送り合うので、前の席に気付かれることもない。

「降りるって、今すぐ?」

「そういうコト」

「OK、それじゃ、行きますか・・」

 ドライバーの肩越しに見えるスピードメーターは、ほぼ時速40マイル(約64km)を示している。飛び降りて転がった時に、もし立木か何かにぶつかれば、十数メートルの高さから飛び降りたのと同じ衝撃を喰らう速度だ。

 走行中の車や列車から飛び降りる訓練は、どこの国の特殊部隊でも行われ、技術だけではなく刻々と変化する状況を判断する能力や度胸も要求される。

 無論、ただ度胸を決めて飛び降りれば良いのではない。自動車のドアから外へ飛び降りる場合、進行方向に対して斜め後方に飛ぶ。また荷台や後部ハッチからは、そのまま真っ直ぐ下へと、荷物が落ちるように飛び降りる。
 いずれの場合も、空中に投げ出された身体は、走行している車や列車と同じスピードで動いており、着地と同時に進行方向への強い慣性が働き、激しく転がされることになるので、飛び降りる際は体をできるだけ丸くし、頭部が直接地面にぶつかるのを避け、上手く受身を取る必要がある。

 訓練では、初めは時速20km程度から行い、徐々に慣らしていって最終的には60〜70kmにも対応できるようにする。時速70kmの車から飛び降りて何かにぶつかると、その際の衝撃は20mの高さから飛び降りたものに等しく、80km以上になると生命が危ぶまれる。

 着地の訓練は充分に積む必要がある。例えば、低い高度から飛び出し、かつ降下速度も速い軍用パラシュートでは、スポーツダイビングとは異なり、着地の際には2階から飛び降りたほどの衝撃がくる。自衛隊の空挺部隊では「五接地転回法」という方法で身体を回転させて着地の衝撃を緩和させる。
 読者なら興味がお有りだろうから、その順序をご紹介しておこう。
 まず必ず両足先の裏を着地し、次に片方の足の脛の外側、そして同じ足の大腿部外側から臀部、反対側の肩甲骨下部へと、それら五ヶ所を接地させながら転がって行く。
 着地の瞬間には必ず両足が用いられなくてはならない。猫が高いところから飛び降りても怪我をしないのは、必ず四本の足で着地して衝撃を緩和しているからであり、片足で着地すると足を痛めてしまう。



「次のカーブで出るわよ、ドアを開けるから先に飛んで!」

「ラジャッ・・・」

 自動車でも列車でも、走行中の車両から飛び降りる際には、少しでもスピードが落ちるタイミングを見計らって行うことが必要だ。カーブやワインディング、上り坂では必ずスピードが落ちるので好いチャンスとなる。また、着地する場所が少しでも柔らかく、そこが斜面であれば、より衝撃が緩和されることになる。
 例えば、スキーのジャンプ競技で踏み切って飛び出す速度は時速85kmにもなるが、着地が斜面なので衝撃はかなり緩和される。K点から先は着地面の傾斜曲率が低くなり、平地に近くなるほど衝撃が増え、それ以上飛ぶと着地時に危険を伴う事になる。


 ───────前の席に気付かれないよう、ギリギリまで待って、

「3・・2・・1・・・ゴーッ!!」

 カウントを数えて素早く席を立ち、ドアのハンドルに手を掛けたが、

「あっ─────?」

「どうしたの?」

 しかし、開けようとした、スライド式ドアのハンドルが動かない。

「ロックが掛かっていないのに!」

 確かに、ロックボタンは下がっていないが、なぜかドアは開かない。

「ああっ・・・!!」

 同時に、運転席の方を気にして見た宏隆が声をあげた。
 フロントシートと後部座席の間が、いつの間にか透明な分厚いガラスで仕切られ、カーゴスペースに閉じ込められてしまったのだ。

「窓も開かないわ!」

「くっ、まずいっ・・!!」

 宏隆が即座に銃を構え、ドアのロック部分を撃とうとするが、

「撃ってはダメよっ!!」

 宗少尉が怒鳴った。

「宗少尉の言うとおりだ、それはやめた方が良い─────先ほど、このクルマの防弾性能はそれほどでもないと言いましたが、それは外部からの攻撃に対しての事で、内部からの破壊に対しては滅法強く造ってある。防弾装甲車とは用途が違うということです。銃を撃てばそこら中に跳弾して危険極まりない」

 スピーカーから、ヴィルヌーヴ中佐の落ち着いた声が聞こえた。

「ここを開けなさいっ、私たちをどうするつもり?!」

「中佐っ、やっぱり貴方は僕らの敵だったんだな!」

 ヴィルヌーヴ中佐は答えない。仕切られた防弾ガラスを強く叩いても、振り向きもせず、車はひたすら進んで行く。

「そうそう、言い忘れましたが、このクルマは気密性も高い」

 その言葉が終わらないうちに、シューッという噴出音が聞こえ始めた。

「ガ、ガスだっ──────!!」

 後部へ走ってハッチを開けようとするが全く動かず、銃のグリップで手当たり次第に窓ガラスを叩いてもビクともしない。
 二人はバンダナを口に当て、腹這いになって、床の隅に顔を近づけて呼吸をした。
 
「無駄ですよ、そこからは逃げられません」

 ヴィルヌーヴ中佐の声が聞こえる。

「く、くそっ・・どうしようか?」

「こんな時に使われるのは、きっと無力化ガスね。そうだとしたら、あと十秒もしないうちに意識がなくなる。こうなったら覚悟を決めるしかないわね」

「そ、そんな・・きっと何か方法が・・!」

「ヒロタカ、落ち着くのよ、訓練どおりにしなさい・・また後で会いましょう・・」

 静かにそう言うと、宗少尉はゴロリと、仰向けに床の上に大の字になった。

「宗少尉─────────」

 だが、宏隆はそれを見て呆れたわけではない。
 宗少尉の行動は意識を失うことが予想される際に、頭部などに被害を受けないための予防であり、意識が戻った際にきちんと物事に対処できるよう、精神を整えておく為でもあるのだと、学んできたことを思い出した。

「・・ええい、儘(まま)よっ!!」

 そう言って、宏隆もそれに倣って同じように寝転がったが、言われたとおり、わずか数秒後に急速に意識が遠のいてきた。


 敵を死に至らせない、いわゆる「非致死性兵器」は化学兵器の類であり、古くから各国で盛んに研究されてきている。
 因みに、ハンカチに湿らせておいたクロロホルムを嗅がせて人質を連れ去る、などというのはドラマだけの話で、決して実際的なものではない。クロロホルム、つまりトリクロロメタンはかつて吸入麻酔薬として用いられていたが、その毒性への懸念から、麻酔剤の主力はジエチルエーテルへ移行した。
 クロロホルムを嗅がせれば、強い刺激臭の為に頭がクラッとして意識を失うかもしれないが、眠るわけではない。効かせるには5〜10分ほど時間が必要で、もし一瞬で眠らせる量を用いれば中毒や死に至る場合もあるので、誘拐には向かない。

 宏隆たちに用いられたのは無力化ガスの一種で、1970年代にレニングラード(現・サンクトペテルブルク)の秘密研究施設で開発された ”KOLOKOL-1”(コールコル・アヂン)という薬物で、エアロゾルにして噴射すると数秒後から効果を発揮し、2〜6時間ほど意識不明にする事ができる。

 2002年10月、チェチェンからのロシア軍撤退を要求して42名の武装勢力が922名の観客を人質にとった『モスクワ劇場占拠事件』では、FSB(ロシア連邦保安庁)のアルファ特殊部隊が突入する際にこのガスを使用し、その名が世界に知られるようになった。
 使用の結果、武装勢力の全員が意識不明で倒れ、短時間で制圧することができたが、当然人質もこのガスを吸って意識不明となり、内129名はガスによる吐瀉物が呼吸器に詰まったために窒息死し、後に訴訟にまで発展した。
 ロシアのアルファ部隊は要員250名、表向きは国内の活動に限られているが、アフガニスタン侵攻の際に大統領官邸を襲撃し、アミーン大統領を殺害したことでも知られる。


 ────────車はさらに森の中を走り、急なT字路を左に折れて、Camp Gorsuch Road. (キャンプ・ゴーサッチ・ロード)と書かれた案内板に従ってしばらくの間走っていたが、やがて小さな池を過ぎて、冬の間は閉鎖されているビジターセンターや幾つかのロッジが立ち並んだ所で、道が行き止まりとなった。
 静まり返って全く人気(ひとけ)が無い。おそらく此処は、夏場はボーイスカウトやスポーツクラブなどが森を歩いたりカヌーをしたりするキャンプ施設なのだろう。だが冬の最中の寒い夜に、わざわざこんな所に来る人間が居るはずも無かった。

 いつから駐まっていたのか、奥からヘッドライトが2度点滅し、黒塗りのステーションワゴンが近づいてきた。ヴィルヌーヴ中佐がドアを開けて降りて行くと、向こうからも革のコートを着た男が降りて来る。傍らには強そうな二人の護衛が従(つ)いている。

「予定どおり来たという事は、万事上手く行ったと言うことだな」

 男はそう言うと、手にしたシガーを上手そうに吹かしながら、

「良くやった、ご苦労だった─────」

 微笑みながら、そう言った。

「いえ、相手がこの二人ですから、ただ単に運が良かっただけです」

「だが彼らより、君の方が経験は深いはずだ」

「戦闘能力は劣ります。射撃競技なら何とか張り合えても、実戦ではどうなるか・・」

「相変わらずご謙遜だな。だが現に彼らはこうして君の手の内にあるじゃないか」

「こんな方法を取らなくては二人を拘束できませんでした。心情的には卑怯な方法と思えますが、戦術的には彼らの負けです。いつまでも事の全体が見えず、整った戦略を立てられないまま、その場その場で行動する事を余儀なくされた結果でしょう」

「事の全体が見えないように吾々が仕組んだからな。山荘でもわざと深追いはしていない。此方の力がそれほどではないと思えたからこそ、カトーは単身で乗り込んできた。あの時に捕らえられなかったのは誤算だったが」

「宗少尉が戻ってくるとは思いませんでしたが」

「だが結局は、結果的に最後に残った者が勝者なのだ。より緻密な戦略を立てて、それを成功させる為の努力を惜しまず、知的に繊細に修正し対処し続ける。それこそが勝利の秘訣なのだ」

「まさに、そのとおりですね」

「いずれそう遠くない将来に ”吾々の世界” がやって来る──────これ自体は小さな仕事に過ぎないが、その大仕事に向けて世界中で行われている準備の一つだ。疎かにはできない」

「お手伝い出来て、嬉しく思います」

「ははは・・この場所は冷えるから、つい熱く語りたくなるな」

「エドモンズ湖の方から風が吹いてきました。これから一層冷えてくるでしょう、宜しければそろそろ」

「では出発するかな、まずは予定どおり─────」

「イエス、SWDへ向かいます。しかし、あのような目立つ所で良いのですか?」

「堂々と振る舞えば、かえって誰も怪しまないものだ。それに、あそこの係官にはいつもたっぷり謝礼をはずんでいるから、心配は無用だ」

「Money opens all doors. (地獄の沙汰も金次第)ですね」

「A Golden key opens every door. とも言う。世界に通じるその ”黄金の鍵” を、すでにもう吾々は手にし始めているのだ。わはははは────────」

 ほどなく、2台の車はまた森の路を戻って再びハイウェイに出ると、アンカレッジに向かって走り始めた。

 ヴィルヌーヴ中佐が言った「SWD」とは、アンカレッジから南に約120kmほど下った、アラスカ湾に突き出す半島の中ほどに位置する、Seward Airport(スワード空港)の空港コードである。
 スワードは人口2千800人ほどの、漁業を中心とする小さな港町で、アラスカ鉄道の南の終着点としても知られ、人口の72%が白人だが全体の17%を先住民が占める。その地名は、1867年にロシアからアラスカを購入した、ウィリアム・スワード国務長官の名に因む。


 それから2時間半ほどが経ち、すっかり暗くなった小さな空港に、2台の車が滑るように入って来て、ひとつの格納庫の中に入った。格納庫のすぐ前には、真っ白な小型自家用機がすでにエンジンをかけたスタンバイ状態で駐機している。

 ゲートが広く開いた格納庫で待ち構えていた3人の空港職員が、手にした折り畳み式の車椅子を広げ、急いでバンの後ろに付ける。

「降ろして車椅子に乗せるんだ。大事な人間だから、頭部に気をつけて運べ!」

 運転をしてきた、中佐の部下が空港の職員に指示をする。

「ご病気ですか、それとも気を失っているんですか?」

「余計なことは訊かなくてもいい。聞いた為に後悔するのと、仕事をしてたくさん報酬をもらうのと、お前はどっちがいい?」

「イ、イエッサー、失礼しました・・」

「機内へは3人で、そっと担ぎ上げろ、そっとだぞ!」

 入口のハッチまでそれほど高さのない小型飛行機とは言え、気を失っている人間をタラップの上まで運ぶのは、やはり容易ではない。

「ふう・・やっと済んだ」

「よし、それでいい────────」

「この時間は他の飛行機の発着はありません。いつでも飛べるよう準備ができています」

「ご苦労だったな、これは今日の報酬だ、仲良く分けろ。細かい事に目を瞑ってくれた管制官にも忘れずに渡しておけよ」

 封筒に入った分厚い札束を、ポンと無造作に手渡す。

「こんなに?!・・いつもありがとうございます」

「良いさ、取っておけ。また頼むぞ。ただし、見たことはすべて忘れるんだ」

「イエッサー、お約束します。何でもやりますから、いつでも声をかけて下さい」

 彼らにしてみれば、たったひと晩の働きで、ひと月分以上の報酬が手に入る。
 この町には約900世帯/500家族が暮らしているが、半数は夫婦で生活をしている。ほとんどが共稼ぎで、一人当たりの年収は約200万円。人口の10%以上、18歳未満の13%が貧困線(最低限の生活を維持するのに必要な所得水準)以下の生活をしている。
 多少のリスクを犯すことになっても、やはり ”稼ぎ” には換えられない。美味しい話があればつい乗ってしまうような事情があるのだ。


「機長、夜分にご苦労だが、今日も頼むぞ」

「カーネル(Colonel=大佐)、こちらこそ有難うございます。行き先はいつものニューヨークでご変更はありませんか?」

「ああ、それでいい」

「畏まりました。出発までしばらくお待ち下さい。機内に佳いシャンパンが冷えています、どうぞごゆっくり」

「そうか、ありがとう───────」

 アラスカからニューヨークは北アメリカの西と東で、約7時間ものフライトになる。
 機内にはカーネルと呼ばれる男と護衛の男たちが二人、ヴィルヌーヴ中佐と部下のドライバーが乗り込んでいて、中佐はカーネルと共にシャンパンで夕食を摂りながらしばらく談笑していたが、やがて仮眠に入った。
 いちばん後ろの席に座らされた宏隆と宗少尉は、まだグッタリとしたままで、武器は全て外され、手首には近ごろ軍が開発したプラスチックベルトの手錠を掛けられている。


 やがて、東の空が白んできたころ、乗務員の女性が珈琲を持ってきた。

「珈琲をどうぞ、ブルーマウンテンで淹れました。間もなく目的地です」

「良い香りだ、ありがとう」

「ヴィルヌーヴ中佐、今向かっている空港には、初めて降りるかな?」

「はい、ニューヨークではいつも、JFK(ケネディ空港)を利用していましたから」

「もうすぐその上空になる。機長に少し旋回するよう言っておいたから、滑走路と駐機エプロン、そしてターミナルビルが織り成す景色をよく見てごらん」

「何か特別なものでも見えるのですか?」

「ははは、大したことじゃない。ただのイタズラだよ」

「それは楽しみです──────」

「空港と名付くものは、世界に44,000ヶ所もあるのだそうだが、その内15,000ヶ所はこの国に有る。アメリカは世界で最も多くの空港がある国というわけだ」

「そのようですね」

「その中のひとつ、今から降りる LGA(LaGuardia Airport/ラガーディア空港)は、吾々がひと工夫して造ったものなのだ」

「えっ・・空港を、造ったのですか?」

「そのとおり。ニューヨークにある三つの空港は全て吾々が造ったものだ。中でも LGA は規模こそ最も小さいが、空の上から観て偉大な眺めとなるように設計した」

「上空から見て、偉大な眺めに・・?」

「ははは、論より証拠、もう見えてきたぞ」

「ああ、あれですね・・・普通の空港のように見えますが?」

「もっとよく見てみなさい──────」

「あ、ああっ!・・こ、これは・・・?!」

「はははは、気が付いたかね?・・どうかな、この出来映えは」

「ニューヨークのど真ん中に、こんな空港が?」

「そうだ、なかなか面白いだろう?、わはははは・・・」

 多くの利用客の中で、そのことに気付く人が、いったい何人居るだろうか。
 夜が明け始めたニューヨークの、高度700mほどの上空から眺めるラガーディア空港は、まるで三角形の上辺の中に据えられたひとつの眼と、そこから照射される何本かの光の筋のように見えた。



                    ( Stay tuned, to the next episode !! )





  *次回、連載小説「龍の道」 第199回の掲載は、5月15日(月)の予定です


2017年04月15日

連載小説「龍の道」 第197回




第197回  P L O T (17)


「もし君の言うように、あの山荘にヘレンが囚われているとしたら、作戦を立てて救出に向かわなくてはならない、だが・・・」

「ボクの見間違えだったら、作戦の意味がありませんから、先ずはあの館をじっくりと探るべきだ、という事ですね?」

「そのとおりだ───────宗少尉、貴女はどう思われますか?」

「こうなったらもう、山荘を探っても仕方がないでしょうね。あれだけの騒ぎを起こして、敵も対策を取っているだろうし、ヘレンが囚われて居たとしても、私なら他所(よそ)に移動させるところね」

「・・なるほど」

「取り敢えずは、ほとぼりが冷めるのを待って再調査し、捜索するしかないですね」

「そういうコトよ」

「ふむ、やはりそれが一番良いだろうな・・では、違う所から調査を始めよう」

「・・では、私たちはこれで帰ることにします。ヒロタカ、行くわよっ!」

「ま、まあ、そんなに慌てなくても。ついさっき激しい襲撃に遭ったばかりだし、色々と今後の打ち合わせなども、じっくりとして行きたいし・・」

「襲撃には慣れているので、大して疲れてもいません、どうぞお気遣いなく。それに、この辺りは敵の土地勘のあるところだから、ヘレンの捜索と救出作戦を立て直すのは、一度戻ってからの方が良いと思います」

「そうか、分かった。だが君たちを襲撃したのは恐らくキャンベル曹長だ。ああ見えて中々執念深そうだから、まだ近くを探し回っているはずだ。いま外へ出るのは危険だよ」

「襲撃は曹長ではなく、ヤンかもしれませんね──────」

「ほう、ヒロタカは何故そう思うのかな?」

「僕たちがあの町に居ると見当を付けられるのは、ヴィルヌーヴ中佐と、土地勘のあるキャンベル曹長くらいでしょうが、曹長にしては少々攻撃が雑に思えます」

「だが、それだけではヤンによるものと特定できないだろう」

「襲撃は計画的でした。おそらく密かに吾々の跡を尾けて、どこに泊まったかを確認し、あのカフェに来るのを予測して、根気よく向かいの森から機を窺っていたのでしょう。ぼくを本気で殺す気が無いキャンベル曹長は、そこまでする必要がないはずです」

「ふむ・・確かにヤンかもしれないな」

「初めに山荘で見つかって一時退散する途中で、セキュリティと思われる男が、首を絞めるための細いワイヤーを手にしたまま、無惨に首を折られて殺されていました。それを発見した直後に、ちょうど近くから車のエンジンが掛かって去って行ったのですが、その時に、それがヤンで、この男も彼奴が殺ったのだと直感したのです」

「キャンベルが君を殺すつもりが無い、と思えるのは?」

「これ迄の経緯を見ても、そこまで深追いするタイプではないでしょう。それに、キャンベル曹長は少々オッチョコチョイのようなところがあるし」

「Scatterbrain(おっちょこちょい)?」

「はい、山荘で、先ほどお話しした ”謎の男” に捕らえられそうになった時に、覆面をしていても声色は使わず、いつもの声のままで、その男の名前を呼んでしまったのです」

「ほう・・」

「だから思わず笑って、それは頭隠して尻隠さず、その男みたいに声色でも使わなきゃ、正体が丸分かりですよ、と言ってやりました」

「・・・・・・」

「曹長はかなり動揺していましたが。その謎の覆面の男のことを何と呼んだか・・・」

「・・・・・・」

「何と呼んだか、中佐は興味がありませんか?」

「もちろん興味はあるさ・・彼は何と呼んだのかな?」

「コンフェラ、と言いました──────」

 宏隆は、じっと中佐の眼を見つめている。
 少しでも変な反応をすれば、謎の男は中佐である確率が高いはずだ。
 宗少尉は黙って聴いているだけに見えるが、もし中佐や部下たちが動く気配を見せたら、あっという間に素早い行動を取るに違いない。

「ほう、何だか変な名前だな、初めて聞くが・・」

 だが、中佐はちょっと首を傾げただけで、動揺しているような気配は全くない。

「暗号名でしょうが、英語の confer は give の類語で、”与える・授ける” といった意味ですから、そんな立場の人間なのかも知れませんし、もとはラテン語のような気もします。
 落ち着いたらじっくり調べてみます、ボクは暗号や謎解きが好きなので、きっと解明してみせますよ」

「そうか・・だが、それよりも今は先ず、これからどうするかを考えなくてはいけないな。日も傾いてきたことだし、取り敢えず、このセーフハウスで良ければ、好きなだけ逗留してもらって構わない」

 腕時計を見ながら、そう言った。季節はまだ冬だが、日照時間が最も短い冬至の頃と比べると日がだんだん伸びてきていて、現在はこの辺りの日没は午後7時くらいだ。アラスカは南に位置するアンカレッジでも、12月の日照時間は一日に5〜6時間しか無い。

「さっきも言いましたが、私たちの事なら大丈夫です。どうぞお構いなく─────」

 宗少尉は鰾膠(にべ)も素っ気もないが、

「わかった。それじゃ歩いて行くわけにもいかないだろうから、せめて送らせてくれ」

 と、親切に言ってくれる。

 だが未だ不安は拭えない。どうしたものかと二人で顔を見合わせるが、すぐに宗少尉が、

「・・あのクルマで、ですか?」

 無数の銃弾の疵痕(きずあと)でボコボコにへこんだ、庭先の黒いバンを見ながらヒョイと肩をすくめた。

「大丈夫、ガレージにもう一台バンがある。防弾性能は少々劣るがね」

「それじゃ、お言葉に甘えてお願いしましょう!・・ね、ヒロタカ」

「え?・・あ、ああ、そうですね・・」

 中佐に送ってもらおうと安易に言うので、果たしてさっき指で合図を送った内容を、宗少尉はちゃんと理解したのだろうかと、宏隆はますます不安になった。
 だが、それを口に出して言うわけには行かず、此処で再び合図を送ることもできない。
成り行きに任せるつもりか、とも思ったが、今は様子を見るしかない。


 部下が出してきたクルマは、色がグレーの、同じような大型のバンだ。
 後部カーゴスペースもほぼ同じ造りで、横向きのベンチシートの片側に並んで乗り込む。宗少尉は座るとすぐに銃の弾倉を外して残りの弾数をチェックし、新しいマガジンに換えた。

 宏隆のベレッタ92は15発、宗少尉のシグ・ザウエルP220は、7.65mmのパラペラム弾なら10発分を装填できる。こういう立場の人間が常に残った弾丸の数を把握しているのは言うまでもないが、いつ何が起こるか分からないので、使った方の弾丸数の少ないマガジンを予備に取って、新しいものと入れ換えたのだ。


「よかったら、そろそろ出発しますが・・?」

 さっきの精悍な顔つきのドライバーが運転席に着いて、後ろに声をかけた。

「OK、ありがとう──────」

 助手席にはヴィルヌーヴ中佐が座っている。

「ところで、どこへお送りするのか、まだ聞いてませんでしたね。燃料はたっぷり入っているけれど、アラスカは広いですから、そう遠くまでは行けません。ははは・・」

「アンカレッジまで、お願いします」

「アンカレッジの、どのあたりですか?」

「5th Avenue Mall(5番街モール)・・」

「ああ、ダウンタウンのショッピングモールですね、今日はウィークデーだから、21時ごろまで開いているけれど、そんな所に行ってどうするつもりですか?」

「規則で、それは言えないわ。送って貰える事にはとても感謝しているけれど」

「はは、水くさいなぁ・・私も同じ玄洋會の一員ですよ」

「いえ、失礼だとは思うけど、ヴィルヌーヴ中佐は玄洋會北米支局の協力員─────つまり Level1または2の要員というワケだから、Level 4、時にはLevel 5 さえ許される私たちとしては、その立場の人に対して、当然それ以上詳しく話せない内容もあるのです」

「そうでした、失礼しました。もう余計なことは訊きません、私たちがアンカレッジまで安全にお届けしましょう」

「ありがとう────────」


 相手は中佐と運転手の二人だけで、こちらも二人、つまり2対2の対等の立場だ。
 そして後部席に居る自分たちから見れば、相手は背中を向けており、万一何かあった時には当然こちらの方が有利なのは分かりきったことで、そのような位置関係を最初から許しているヴィルヌーヴ中佐が、クルマの中で何かを仕掛けてくるとは考えにくいし、本当に敵だとしたら、もっと部下を連れて、後部席に載せていたはずだと思える。

 宏隆は、並んだ宗少尉の左側、つまり進行方向から見て後ろ側に座っているが、隣の宗少尉の腿(あし)に、右手の指でそっと合図を送り始めた。もちろん運転席側からは何をしているか分かるはずもない。
 宗少尉も同じように、指をタップしながら返事を宏隆に返している。


 先ほどもセーフハウスで密かに合図を送ったそのやり方は、勿論モールス信号である。
 英語で Morse Code と呼ばれるモールス信号は、モールス符号という符号化された文字のコードを用いる信号の通信手段で、その名称はアメリカの発明家サミュエル・モールスが現在とは異なる符号で電信の実験を行ったことに因んでいる。

 モールス信号は遠洋航海の船舶間や陸上との通信に常用されていたが、通信衛星の登場によって今日では非常用の通信手段としても基本的に使われなくなり、海上保安庁やNTT、KDDIなどもモールス符号を用いた通信業務を停止している。
 現在でもそれを用いているのは一部の遠洋漁業無線、陸上自衛隊の野戦通信、アマチュア無線などで、陸上自衛隊の教育学校や各地の水産学校では、今もモールス信号の学習訓練が行われている。
 
 日本語での通信はモールス符号の短点を「トン」、長点を「ツー」と表現し、欧文では短点を「dot(dit)」、長点を「dash(dah)」と表現する。その組み合わせで全ての言葉を送信するのである。和文はイロハニホヘトの順に符号が割り振られ、当然ながらアルファベットよりも数が多く、その分だけ覚えるのが大変である。数字は欧文の符号と同じものが使われている。

 よく知られる「SOS」の遭難信号は「トントントン、ツーツーツー、トントントン」で、世界共通である。これは無線に限らず、例えば遭難した場所で地面に石などを置いてその表現をしても、飛行機から見て救難信号と認識することができる。
 因みに、かつて船舶の無線通信室に備えられた時計には、毎時 0・15・30・45分の位置から3分間のところに色が塗られていて、その間は通信を停止し聴取体勢を取らなければならないというルールが二十世紀の終わりまで存在していた。世界中の船舶を呼び出せる通信周波数は500KHzだが、遭難信号や非常通信が通常の通信で掻き消されないよう、その時間帯は世界中の無線局が固唾を呑んで静かに聴取していたのである。

 モールス符号には和文・欧文以外にも、ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語、キリル文字、アラビア文字、中国語、朝鮮語などがある。中国語は信号にするのが大変で、漢字のひと文字に対して四桁の数字が割り当てられ、漢字を数字に、或いは数字を漢字にするためのコードブックが存在する。また朝鮮語もいったんアルファベットに転写し、その後欧文として送信するので非常に手間がかかる。

 余談だが、ソフトバンクの携帯電話に電話をかけると、呼び出し音の前に「プププ」という音が流れる。これは Softbankの「S」を意味するモールス符号の「・・・」である。
 また、朝日放送のニュース速報では、「NEWS」を意味する(ー・・・ーー・・・)」のモールス信号を流したあとでテロップを掲出している。何の為にわざわざそんな事をしているのかは、分からないが。

 モールス符号による通信は無線に限らず、発光信号や音響によるものもあり、この場合の宏隆のように、指で叩くことで相手に伝えることも可能な、大変便利なものと言える。
 

 閑話休題───────


 さて、アンカレッジの行く先まで気にして訊ねてくれる言葉に、ヴィルヌーヴ中佐の親切が感じられて、これまでの疑いも自然と解けて来ざるを得ない。何よりも、敵意が全く感じられないのだ。

 そんな想いが、宏隆たちに生じ始めたのだろう。さっきまでの必死の攻防戦の疲れもあってか、さすがに居眠りはしないものの、少しばかり寛いで、二人とも、いつもよりボンヤリしているように見える。

「いくら歴戦の強者(つわもの)たちでも、ちょっと疲れたでしょう。まあ、ゆっくりして居てください。アンカレッジまでは僅か45マイル(約73km)ほどです。こんな凍った路でも1時間半もあれば着きますよ」

 二人の気持ちを見透かすように、前の席からヴィルヌーヴ中佐が声をかける。

「ありがとうございます」

 宏隆が答えたが、宗少尉はすでに目を瞑(つぶ)っている。


 どれほど走っただろうか───────

 凍てついた雪道は、時間も距離も、感覚が鈍って分かりにくくなる。
 それが少し疲労している時なら、尚さらのこと。

 アンカレッジに向かうアラスカ1号線、グレンハイウェイの途中にあるニック・ブリッジを過ぎたのは、朧気(おぼろげ)ながらに憶えている。
 その先のニック・アームと名付けられた、腕のような形をした細長い湾に沿った、針葉樹林帯の中に幾つか点在する小さな湖の近くを走っていると、突然に車が大きくハンドルを切って、ハイウェイを外れた。
 
「・・どうしました?!」

 眠そうな目をこすりながら、宏隆が中佐に声をかけた。

「追っ手だ、攻撃してくるぞ──────!!」

「え・・ど、どこに・・?!」

 車は、なだらかに下る路を、そのままどんどん森の中へと入って行く。



                    ( Stay tuned, to the next episode !! )





  *次回、連載小説「龍の道」 第198回の掲載は、5月1日(月)の予定です


2017年04月01日

連載小説「龍の道」 第196回




第196回  P L O T (16)



「ドオォォーンッッッ──────────!!」

「うわわぁああっっっ─────!!」

 こんな時にグレネードランチャーで狙われたらアウト、と言ったばかりだが・・
 そのグレネード(擲弾)がすぐ近くで炸裂し、爆風で車の片側がフワリと浮いた。


 グレネード弾には、ここで用いられた40mmの他にも、散弾、催涙弾、発煙弾、照明弾、演習弾などがある。弾丸はいずれも蓋の丸い小型スプレー缶のような形状で、榴弾の場合は爆発によって弾丸の破片が広範囲に飛散するよう設計されている。
 グレネードランチャーは最大有効射程が広域で350m、定点で150m程度。最小安全距離は30〜35mとされている。

 擲弾(グレネード)とは本来、敵に向けて投擲して攻撃する爆弾という意味だが、手で投げるものを手榴弾と呼ぶようになってからは、擲弾は投射器(ランチャー)を用いて遠くまで飛ばす爆弾を指すようになった。

 火薬を陶器や金属の容器に詰めて投げる爆弾は、既に宋の時代に使われていたというが、グレネードという名が用いられたのは17世紀の英国の名誉革命からで、黒色火薬を詰めたクリケットボールくらいの鉄球に導火線を付けて、投げて使っていた。
 また、南北戦争では南軍北軍ともに、着地の衝撃で爆発するタイプの手投げ弾(ハンドグレネード)が用いられている。

 第一次世界大戦に入ると、スペインやフランスの軍隊がライフルの銃口にグレネードを装着して飛距離を得るライフル・グレネードを盛んに用いるようになったが、実はこれは、日露戦争の旅順港閉塞作戦に於いて、世界で初めて用いられた『小銃擲弾』のコピーで、そのオリジナルは海軍の砲術長である秋沢芳馬が研究開発した日本の新兵器であったとも言われている。


「急げっ!──────モタモタしていると殺(や)られてしまうぞ、早く乗れっ!!」

「どうしますか?、ワナじゃないという保障は無いですよ・・」

 小声で宗少尉に問うが、

「ええい、しょうがないっ!・・取りあえず、乗るわよっ!!」

 取り敢えず腹を決めて、黒いバンに乗り込む。

「よしっ、クルマを出せっ、GO, GO, GO, GO・・次の攻撃が来るぞ!」

「ブォオオ─────ロロッッッ」

「ドドォーンッ・・・・!!」

 たった今、そこに停まっていた所に、2発目のグレネードが炸裂した。
 無数の細かい破片がバンのボディに当たり、突き刺さる音がする。

「M79* か、なかなか派手にやってくれるな・・よし、ここで止めろ!」

【註* M79:主にベトナム戦争で使われた中折れの構造を持つ40mm擲弾銃。
 現在でも暴動鎮圧用にゴム弾を装着して使われることがある】

 少し走ったところで中佐がドライバーに怒鳴った。ちょうど街路樹の陰だ。
 停まるか止まらないかのうちに、スライド式の小窓を開けて素早くライフルを撃つ。

「ダンッ、ダンッ、ダンッッッ──────────!!」

 森の中の、敵が撃ってくる木陰の辺りを目がけて、正確に銃弾が飛び続けるが、

「ダン、ダンッ、ダン、ダン、ダンッッ─────!!」

 敵も負けじと、撃ち返してくる。

「ふむ、腕はそんなに悪くないようだな・・」

 一発がタイヤにヒットしてクルマが揺れたが、なぜかパンクしない。
 完全防弾の戦闘用車両なので、タイヤもエアレスなのだろう。勿論これだけの装備を持つクルマを用意するには個人では難しく、かなりの組織力が要る。

 2016年夏に、500台余りのトヨタのランドクルーザー70やハイラックスがアメリカ特殊部隊に導入されて話題になったが、それは直接の戦闘用ではなく、主に特殊作戦に於ける通信器機を搭載する装甲車両というものであった。
 普通に市街地を走っていても目立たない特殊車両を造るには、莫大な費用と時間、そして細部への工夫が必要なのは言うまでもない。防弾と言っても、単にボディの鉄板を厚くするだけではやたらと重量が増えて走行性能が低下してしまう。防弾ガラスなどは、実は普通の常用車でも注文が可能で、その手の職業の人が多く装着しており、町を走っていても一般市民にはあまり見分けがつかない。


「・・よし、今だ、出せっ!!」

「ダンッ、ダンッ、、ダンッ、ダンッッッ・・・!!」

 再び走り出してからも、さらに中佐が撃ち続ける。
 これでは敵も動けないに違いない。案の定、完全に攻撃が止まった。

「追っては来ませんね。武器はご大層ですが、おそらく敵は単独でしょう」

 数百メートルほど走ったところで、中佐の部下らしい同乗者の一人が言った。

「ああ、そうだな」

「いったい、敵は何者なのでしょうか?」

 宏隆がヴィルヌーヴ中佐の顔を見るが、

「まあ、およその見当はついている。それも後で話そう」


 少し走ると、いつもどおりの閑散としたアラスカの風景が目の前に広がる。ついさっきまで銃撃戦をしていたのが嘘のように思える。

 黒い大きなバンのリアカーゴ(荷室)は、運転席の直ぐ後ろ側に武器庫があり、左右両側がベンチシートで、6〜8人ほどが向かい合って座れるようになっている。そこにはヴィルヌーヴ中佐以外にも二人、普通の市民と変わらぬ服装をした、兵士上がりのような体格の良い男たちが黙って座っている。

 宗少尉は、その男たちとは少し離れて、出口に近い所に腰掛けて、いつでも銃を出せるように身構えているが、ヴィルヌーヴ中佐と二人の男は、全くと言って良いほど殺気を感じさせない。どう見ても味方としか思えないエネルギーしか感じられないのである。


「ヴィルヌーヴ中佐────────」

 宏隆が何かを訊こうとしたが、表情でそれを察して、

「積もる話は後にしよう。先ずは追っ手を撒(ま)いて、ポリスも上手く躱(かわ)さないと。早々にクルマも換える必要があるし、な・・」

 そう言って、慣れた手つきでライフルをケースに仕舞い始めた。

 確かに・・と、宏隆は頷いた。如何に長閑(のどか)なアラスカの田舎とは言え、カフェがライフルで銃撃されて、さらに大通りでこれだけの爆破と銃撃戦が起こって、警察が黙っているわけがない。

 銃弾とグレネードの攻撃でボコボコになったバンは、田舎道を数マイル行ったところの交差点を、さらに寂しい方へと曲がり、森の中の小路(こみち)をどんどん入って行き、やがて鬱蒼とした雑木林の中に佇む、古そうな木造の家の前で停まった。周りには人も建物も、何も見当たらない。

「さあ、着いたぞ─────」

 奥に座っていた二人の男たちが素早くドアを開け、宏隆と宗少尉を外に出るよう促す。


「滅多に使わないので掃除が行き届いていないが・・さあ、宗少尉も、中へどうぞ」

 アラスカでよく見かける、木造平屋建てにペンキを塗った質素な家である。
 庭と言うよりは、単に家の前にクルマが5〜6台駐まれるスペースがあり、母屋の隣には2台は入れそうな大きなガレージが付いている。
 家の裏側はすぐ森で、そのまま北極海まで原野が続いていそうな未開の地だ。


「ここは私たちのセーフハウス(safe house=隠れ家)です。安心して寛いで下さい・・・何か飲み物は?」

 中を見渡している二人に、ヴィルヌーヴ中佐が気を遣うが、

「危ないところをタイミング良く助けてくれた事には感謝するわ。だけど、別に遊びに来たわけじゃないんだから、この際いろいろ説明してもらう必要があるわね」

 宗少尉が立ったままで、やや語気を荒めて、怖い顔を向けた。

「お噂はかねがね伺っていましたが、宗少尉とは初対面ですね。私は玄洋會・北米協力員の Joseph Villeneuve(ジョセフ・ヴィルヌーヴ)です、初めまして・・」

「台湾シェンヤンフイ(Xuanyang Hui=玄洋會)の Zong Lihua(宗麗華)です。先ほどは危ないところを助けて頂き、感謝しています」

 相手が紳士的な態度で接してくるので、宗少尉も言葉を改めてそれに応える。

「ヴィルヌーヴ中佐、伺いたいことが山ほどあります──────」

 宏隆が話の口火を切った。

「オーケー、私からも話したいことがたくさんある」

 宗少尉はそれとなく、この家の間取りや出口の数、ドライバーを含めたヴィルヌーヴ中佐の部下たちがどの位置に居て、今すぐにどう動けるか、武器はどうかを把握しようとしている。

 宏隆にしても、これまでの経緯があるので、中佐を頭からすべて信用しているわけではない。宗少尉と同じように警戒しつつ、取りあえず相手の動向を窺っているが、中佐の三人の部下はかなり訓練を積んだ身体で、動きにも俊敏さが見える。

 バンを運転してきた部下はそのまま外で見張りとして立っているが、あとの二人は中佐と共に家の中に入り、リビングの隅に対角線上に立っている。何か有った時にはこちらが完全に不利なポジションを取られている──────と宏隆は思った。


「まずは座りましょう。立ったままでは、まるで敵同士みたいだから・・ははは」

 中佐が自分から率先して座ったので、宏隆たちも席に就く。

 セーフハウスは、別荘やリゾートマンションと用途が違うのは当り前だが、普段人が住んでいないので如何にも仮住まいらしく感じられる。リビングとは言っても、粗末なソファとテーブルが並んでいるだけで、すぐ向こうには小さなキッチンと、アメリカのどんな家にもあるような、大きな冷蔵庫が見えている。

 お茶でも淹れるつもりか、気を利かせて部下の一人が湯を沸かし始めた。


「実は僕たちは、中佐に教えられた山荘に行ってきたのですが─────」

「おお、やはりそうだったか。私はちょうど君たちを探して合流しようとしている最中に、あのカフェが襲撃されているのを見つけ、すぐにピンときて駆けつけたのだ」

「それじゃ、さっきは全く偶然に通りかかったというわけですか?」

「そのとおりだ。山荘のあるワシラの周辺は小さな町が幾つかあるだけだから、どこに居るか、およその見当はつく。居心地の良さそうなパーマーの町なら私も拠点に選ぶし、あのカフェはなかなか珈琲が美味いからね」

「装甲車のような、あのバンでわざわざやって来たのは?」

「ああ、あれは何も特別な物じゃなく、私たちが常用するクルマだよ。商売柄、何があってもおかしくないのでね」

「ヒロタカ、もっとズバリと訊きなさいよ─────」

「ヴィルヌーヴ中佐、実はどうしても疑問に思えることがあって、まず最初にそれを解決したいのですが」

「いいとも、私で分かることなら何なりと尋ねてくれ」

「中佐は昨夜、あの山荘に・・キャンベル曹長の居る、あの館に居られましたか?」

「・・・・・・・」

「きちんと答えて下さい。お返事の内容によっては、吾々も──────」

 返答に詰まった中佐を見て、宗少尉が今にも動き出しそうに腰を浮かせたが、部屋の隅に控えている二人の部下たちは平静で、別に動揺する気配もない。

「ははは、何を訊きたいのかと思えば・・あまりに突拍子もないことを言うので、つい絶句してしまったよ!」

 ヴィルヌーヴ中佐が、高らかに笑い始めた。

「・・え、それじゃ?」

「奴らの調査をしている立場の私が、その山荘に居るわけがないじゃないか。一体どこで私を見かけたと言うんだ?」

「それは、こういうことです────────」

 宏隆は、あの山荘を探ろうとしてキャンベルに発見され、取りあえず逃げ切ったが、再び単独で様子を探ろうとして潜んで行った際に、部屋の中から漏れてくる声がヴィルヌーヴ中佐によく似ており、それを確かめようとして敵に気付かれてしまい、護衛を倒して思い切って部屋に侵入したが、その声の主が覆面をして声色を使ったので、ますます疑念に駆られ、確かめようとしたが、敵の反撃に遭ってやむなく退却した──────という顛末を分かりやすく、手短かに告げた。

「ほう・・そうだったのか、それは大変だったね。二人だけで、よくやったものだ」

「では、あそこに居たのは、中佐ではない、と─────?」

「私はこの前話した別件を追って、昨夜はアンカレッジに居た。どれほど声が似ていたとしても、双子でもない限り、それは不可能というものだ」

「そうでしたか─────宗少尉、やはり僕の勘違いだったのかも知れません」

「・・・・・・・」

「宗少尉・・?」

「いいから、もう少し話を続けて」

 ソファで腕組みしたまま、目を開けているのか瞑っているのか、何かを考えているのか、分からないが─────ともかく憮然とした表情で、また黙ってしまった。

「紅茶です。よろしければ、どうぞ」

 キッチンで湯を沸かしていた部下が紅茶を淹れてきた。
 宏隆たちと、ヴィルヌーヴ中佐にも同じポットからマグカップに入れて出す。

「アラスカは水だけは安心して飲めるね。どこの川の水でもそのまま飲めるような土地は、まず余所では滅多に聞いたことがないが」

「そうですね、それだけ自然が豊かで、汚染が無いということでしょう」

「喉が渇いたでしょう、さあどうぞ。幸い紅茶は缶入りだから、滅多に使わないセーフハウスに置いてあっても、まだまだ香りが良い」

 ヴィルヌーヴ中佐は、まるで宏隆たちを安心させるように、先にマグカップを手にして、美味そうに紅茶を啜った。宏隆はチラリと宗少尉の顔を見たが、中佐が飲んだのを確かめてからカップを取り上げた。

「あの山荘にキャンベル曹長が居たのは間違いありません。やはり奴らの手先として雇われているのでしょう。僕が捕らえられそうになった時には、謎の男と同じように覆面をしていましたが、声色を使っていないので丸分かりでした」

「そうか、やはりキャンベルが・・」

「それから、その部屋に ”大佐” と呼ばれる老人が居ました。覆面の男が特別な扱い方をしていたので、かなり重要な立場の人間らしいことが分かります」

「大佐か・・何か大物が絡んでいるのかも知れないな。この事件は結構奥が深そうだ」

「ところで、これは美味しい紅茶ですね、英国製ですか?」

「さあ、私は気にもしたことがないが」

「いや待てよ、これは、どこかで味わったような香りだ・・・」

「ははは、どうせ誰かが置いていった安物だ、加藤家の御曹司にじっくり味わってもらえるような代物(しろもの)ではないよ」

「いや・・・・」

 宏隆が一瞬、何かを思いついたような顔をしたが、

「・・やはり、そうですね、勘違いのようです──────」

 すぐに普通の顔に戻って、ちょっと深めの呼吸をし、また紅茶を啜った。

「そうだ、大事なことを言い忘れていました」

「何か思い出したかな?」

「あの山荘の窓に、ヘレンの姿が見えたような気がしたのです」

「何だって・・?!」

 思わず中佐が起ち上がった。

「最後の追っ手を躱して退却している時に、窓のところにチラッと見えたような・・」

「・・そ、それは確かか?」

 そう言って、宏隆の言葉に顔をしかめ、如何にも落ち着かない様子で、腕を組んで部屋の中を歩き始めた。

「山荘の部屋の電灯に照らされていただけで、ハッキリとは分かりませんでしたが、あの雰囲気やシルエットはおそらく、ぼくの見間違いでなければ・・・」

「うーむ・・・」

 そんな話をしながら、宏隆がすぐ左側に座っている宗少尉の腿の側面を、上着の裾に隠れた指先でそっとリズミカルに叩き続けていることを、ヴィルヌーヴ中佐も、二人の部下も気付いてはいない。



                    ( Stay tuned, to the next episode !! )





  *次回、連載小説「龍の道」 第197回の掲載は、4月15日(土)の予定です


 北朝鮮の拉致を許すな!



訪問者


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)