Welcome to Blog Tai-ji



  太極武藝館のブログ、「Blog Tai-ji(ブログタイジィ)」へようこそ。
  このブログは、太極武藝館の創立15周年を記念して平成21年1月より
  開設されたものです。

  Blog Tai-ji では、普段の稽古の様子はもとより、どのような人がここで学び、
  どのように稽古し、太極拳の学習がどのように日常生活と関わっているのか・・・
  それらを中心に、新鮮で盛り沢山な内容を掲載していきたいと思っています。

  私共にとって初めての試みでもあり、至らぬ点は数多いと思いますが、
  お気づきの点などがございましたら、当方までお知らせいただければ幸いです。

  なお、コメントの書き込みにつきましては、現在のところ、小館門人および
  ゲストの方々のみに限らせて頂いておりますが、コメンターとして参加を
  希望される方は、太極武藝館・事務局までご連絡下さい。

  また、当ブログを快適にご覧いただくために、
  ウェブ・ブラウザは「Safari」または「Firefox」をお勧めいたします。



            太極武藝館オフィシャルブログ「Blog Tai-ji」編集室



2019年09月21日

門人随想「今日も稽古で日が暮れる」その44

   「選択の問題」

                   by 太郎冠者
(拳学研究会所属)




 最近、稽古をする中で、感じたことを書いてみようと思います。
 稽古中には、師父や玄花后嗣から、我々が稽古をしていく中で、どのように考え、取り組んでいったら良いか、様々な角度から多くの話をしていただいています。

 それらの多くは、ただ太極拳の修練のために必要になることばかりでなく、それぞれの門人が、人生をより良く、本物の人間、一流の人間として生きていくためにはどうしていったら良いかという示唆が、ただの哲学としてではなく、現実的に有効な手法として数多く含まれているように感じます。
 太極武藝館で伝えられている太極拳が、あいまいな表現に逃げずに、ひたすら科学的に追求されているのと、共通しているかと思います。

 そして、そこで言われたことは、ただノートや心の中に書き記して大事にしておくだけではなく、そこから現実の行動に移せるだけの厚みがあり、そして、それが端的に言ってしまえば、生きていく上でものすごく役に立つ、有用な手法であると感じています。
 その中で、特に自分の印象に強く残っており、ガツンと文字通りのインパクトを与えてくれたものを取り上げてみたいと思います。

 それは、自分が何を選ぶか、ということです。選択の問題、とでも言えるでしょうか。
 前回までの記事にも書きましたが、稽古をしていく上では、うまくいっている時も、うまくいかない時もあるかと思います。
 それまでの自分は、稽古に限らず物事がうまくいかない時には、いくつも原因があって、それに対して自分がうまく対応出来なければ、それが問題になって現実にあらわれてくる、というような、そんな考え方を漠然と抱いていたものでした。
 原因に当たるものには、自分の力が足りない、時間がない、それが難しすぎるなど、考えられるものをいくつか当てはめることができるかと思います。
 そう思うのが自然なことであり、妥当なことだと考えるのは、普通のことではないかと思い、それを疑ってもいなかったのです。

 ところが、師父の話を聞いて、はっと目を覚まされたのです。

「問題の原因は全て自分にある。そして、それを選んでいるのは全て自分である」

 その「言葉」自体は、どこか別のところでも聞いたことのあるものでした。
 街中の本屋さんに行けば、本棚の片隅に、そういった聞こえのいい言葉がたくさん書いてあって、それを読めば、数日間はまるで悟りを開けたような気持ちにさせてくれる本がいくつも置いてあるものです。
 でも、何日かたてば元どおり、また次のよく効く「言葉」を探さなければなりません。

 しかし、師父は違いました。それは「言葉」ではありましたが、師父の「行動の表明」であり、生き方、現実の実行を伴ったものだったからです。

「原因は自分にあり、全て選んでいるのは自分である」

 そして、“私はそのように生きている” ────────

 それは自分にとっては衝撃でした。
 一言一句違わずにそう師父が仰ったわけではないのですが、師父の話の中には、そのような生き様が現れており、それまで師父がさりげなくその後ろ姿で表してくださっていた生き方の中にこそ、この「言葉」の真の重みが現されていたことが、あらためて理解できたのです。

 自分は、その言葉によって多くの事に思い当たり、しばし呆然とさえしてしまいました。
 本に書かれていたものではない、生きた言葉です。本では常套句のように、「選んでいるのは自分です、だから〜…」と続くのですが、本当は、その時点で迷路に迷い込んでしまっていたのではないでしょうか。

 選んでいるのは、選択しているのは自分であるとわかったのなら、あとはそれをどう選ぶかだけが問題で、それは思考ではなく行動で表すしかないのだということです。

 先ほど、問題が起きたときには原因はいくつも当てはめることができると書きましたが、その原因だとしたものが、果たして本当の原因だったのかと、考える必要があったのだと思います。
 現実の結果は、多種多様な要素が絡み合って出来上がった現実であり、仮に、ぱっと思い付くような因果関係が原因としてあげられたとしても、それで果たして、実際に問題が解決できるかというと、そんなことはないと思うからです。

 自分の見ているものは、自分が選択しているのだということは、刮目すべきことであり、そして、太極拳を修業していく上でも重大なことであると思います。

 実際に自分に起きた出来事として、その言葉を聞いてはっとした以後では、かなり見方が変わったように感じます。
 問題に対する関わり方が、それまでのものと変化してきました。問題が自分と離れた、何か外側から用意された別のことではなく、自分の中にしっかりと根付いているもののように、言い方を変えれば、ある意味では身近なものになったように感じられるのです。

 稽古をする中で、本当に大事なことは「どれだけ真似できるか」だと言われています。
 真似できていないという問題が出たとき、そしてしばしばそれは出てくるものですが、その問題の原因は自分にある、というのなら百歩譲って受け入れられるが、それを自分で選択している!などと考えるのは、ものすごく抵抗のある考え方かもしれません。
 自分はこれだけ頑張って真似しようとしているのに!きっと何か違う原因があるに違いない!と…。

 そうなる気持ちは、自分にも覚えがあるので否定はしません。
 ですが、それではできない、と師父に指導していただいているとおり、間違っていたのだと、今だったら思うことができます。

 今は少しですが、問題が出てきたときにも、太極拳のこととしてだけではなく、自分の問題として、
「そういうとこあるよな、自分」
 と、前より素直に思えるようになりました。それと、問題そのものが身近に感じられ、まるでそれが自分の中でだだをこねている子供、とでもいうように思えてきたというのがひとつあります。

 同じ問題に関して、難攻不落の敵!と感じるか、だだをこねる子供と感じるかでは、対処の仕方がかなり違ってくるのではないかと思います。

 ここでふと、師父に「子供のマインドではわからない」言われていたことを思い出しました。
 子供同士の同レベルの争いでは、当人たちにとっては一大事に感じられるものですが、大人から見たら、それは実にささいなケンカに見えるものです。
 問題に感じていることも、わかっている人からすれば、もしかしたらその程度のことなのかもしれません。当人にとっては、人生を掛けた最大の危機が現れた、くらいにも感じるものですが。

                                 (了)



 *次回「今日も稽古で日が暮れる/その45」の掲載は、11月22日(金)の予定です

2019年07月23日

門人随想「今日も稽古で日が暮れる」その43

   「合わせることで変わる」

                   by 太郎冠者
(拳学研究会所属)



 合わせることについて、最近感じたことを書いてみようと思います。
 というのも、自分自身が合わせられないことに大いに悩んだからです。そして、自分が感じていた問題を打開するきっかけになったのは、他でもない、師父と合わせて動くことがきっかけだったからです。

 誤解を恐れずに言えば、それまで合わせようとしていたことは表面的なことで終始しており、全く違ったということです。
 動きを合わせる、タイミングを合わせる、形を合わせる。それらのことはもちろん、大切なことだと思います。しかしそれよりももっと大事な、意識…と、そこまで高尚なことではないのかもしれませんが、心や気持ちを合わせないといけないということが、いつのまにか自分にはわからなくなってしまっていたようでした。
 人間にとって、何が体を動かすかというと、やっぱり心がなければ動かないのではないかと思います。そして、合わせるということはまた、対象を見て真似る、という隙間さえもなく、時間と空間を離れたところに、同時にあることでなければならないのではないかと思います。
 そうでなければ、機械仕掛けの人形がやればいいだけなのですから。

 反省の意味も込めて書かせてもらいます。少し前までの自分の様子を見ていた人はお分かりかと思いますが、本当に、やることなすことダメになってしまっていたように感じていました。
 その時も、稽古で師父と一緒に動く機会を頂いていたというのに、頭の中では「ああ、やっぱりぜんぜん合わない、ダメだ…」ということばかりが渦巻いていました。手に持った電動ライフルの重みが、そのまま心の重さにプラスされているような気分でした。
 やりたくてやっているはずなのに、一体どうしてこうなってしまっているんだろう、自分は何をしているんだろう、と、抜け出せない状態でした。
 このまま、自分は完全にダメになって終わりかもしれない、そう思ったときです。
 どうせダメなら、最後までやりきってダメになってやろう、と、心の中で言っている自分に気づきました。
 或いはそれは、目の前を歩く師父が、言葉ではなく語られた声だったのかもしれません。
 本当に、それでいいのか、と。

 そこで、自分自身のスイッチがカチッと、本当に入ったような感覚があったのです。
 目の前の師父に合わせる…真似をするのではなく、おんなじに動くのだと。
 ただ見て真似るのでは間に合わず、見えない腕が自分から生えてがっしりと掴むような、あるいは自分が体から抜け出て師父と一緒に動いているかのように…。
 そうして歩いていると、離れた場所にいるのに、師父の隣に立って動いているかのように、隔てた距離に関係なく、まるで体温さえも確かな手応えを持って感じられたかのようでした。
 「少し合わせられきた、変わってきた」という言葉をいただくことで、それが自分だけの勘違いではない、確かなことなのだと確信が持てました。
 そして同時に、自分はこの感覚を確かに知っていたはずなのに…どうしてわからなくなってしまっていたのか…。

 大切な何かを理解するためには、一挙手一投足を作り出している自らの、原点に立ち返らなければならないのではないかと思います。
 体の動きが合わないのも、まず自らの心がひとつに合っていなかったからではないでしょうか。そんな中では、誰かと合わせるなどというのは不可能なことだと身をもって味わいました。
 その、大事にしている何かに、合わせようとしてはじめて、そのズレは急に埋まりはじめたように確かに感じられたのです。不思議な体験ではありましたが、確かに、その時を境に自分が変わっていったのが感じられます。

 合わせて動く。ただ動作だけではなく、考え方や、心まで合わせようとする。
 距離も時間も超えた先で、重なるようにして一緒に在ることができたら、その中ではたとえそれができなくても取り繕うことができないというか、その必要さえも感じられません。ただ、ありのままの自分をさらけ出して、隣に、いや、一緒に立って動いていればいいだけという気分でした。
 その中で、頭は冷静に違いを見極めて、次の、その次の一歩に活かしていかなければいけません。けれどそれもまた、同時に楽器をかき鳴らしてセッションをしているときのように心地いい感覚さえ伴っています。それは、あたかも本物の楽器に囲まれた中で、初めて音楽を体験したときのような気分です。
 つたないながらも、ぎこちないながらも、確かに本物の音が生まれてくるのです。そして自分もまた、その一員として、音を生み出すのだという手応えがありました。
 避けていたこと、恐れていたことが幻想だと思い知るには十分な体験であり、そこには上達していく過程での困難さはあれど、それは苦痛とは違う、喜びに近い感覚でした。

 合わせようとすることで、発せられた熱が、自分の中に入り込み、体を満たしていくような感覚があります。朧げながらも、これが受け取るということなのか?と思わされます。
 受け取るということは、観念としてある言葉ではなく、もっと即物的でリアリティのある何かを、自分の中に宿されることなのではないでしょうか。そう感じられるようなエネルギーが、確かに師父から自分の中に降り注いでくるのを感じられました。
 それはもちろん、自分だけに降り注いでいるわけではなくて、本当はずっとそこに、実際に、師父から与えられ続けていたもので、ただ自分が気づいていなくて、取りこぼし続けていたことなのかもしれません。
 重さを持った熱の塊に感じられるもの、それが自分の中に入り込み、内側から自分という人間を変えていってくれるという高揚感。そこで感じられる実感に比べれば、自分が教わったことを稽古していると思い込んでやっていたことの、いかに浅はかなことかが、思い知らされます。

 自分の中のものが、少しずつ人間として大事な気持ちや心を取り戻していくように思え、心身ともに、まず血肉の通った人間として存在しないことには、「本物」などわからないのではないかと思います。
 さんざん言われていたことが、ようやく、わずかながらでも、実感を持って味わえたような気分です。

 合わせることで、自分で陥ってしまったどん底にいるような感覚に少しずつ変化が生まれてきました。同時に、どれだけ貴重で大切な機会を、知らずに無駄にしていたかという後悔も生まれてきます。
 ですが、時間は過去には戻せません。これから先、どれだけ自分が変わっていけるかを、自分に問わなければなりません。それこそが、自分の状態を理解しながらも、厳しく、そして何より優しく見守っていてくださった師父にできる恩返しだと思うからです。
 もちろん、まだ惑うことも出てくるでしょうし、殆んど全てわからないことばかりです。けれど、あの時確かに感じた、合わせるということ…この実感だけは、もはや忘れようもなく自分の中に、確かに息づいているのです。
 そこで感じられた熱は、はっきりと、これから先も自分を後押ししてくれる原動力となってくれるのだと確信しています。

                                 (了)


 *次回「今日も稽古で日が暮れる/その44」の掲載は、9月22日(日)の予定です


2019年07月04日

練拳Diary #85「アプローチの仕方を振り返る」

               by 玄門太極后嗣・範士   円 山 玄 花



 太極拳の学習は、「戦い方」からではなく、人が動くことの元となる「立ち方」から始められます。それは、たとえばライフルの訓練が射撃からではなく、持ち方と構え方から行われることと似ています。
 なぜ戦い方から始めないかといえば、先ずは太極拳の基本的な考え方を学ぶ必要があるからで、それに最も適した練功が「站椿」、つまり立ち方だということになります。
 站椿で教示される要訣は、わずか十個前後ですが、それらの要訣は頭から足まで全身が網羅されており、それ以上は加える必要がないと思えるものです。そして「要訣」とは ”物事の最も大切なところ” という意味ですから、まさしくそれを外しては太極拳を始めることが出来ないと言えるものです。

 さて、道場での稽古に於いて、指導者資格を付与されている私の役割とは、門人の武術的な身体や技術などの功夫(コンフー=実力、練度)を確認し、師匠との考え方や動きの違いを指摘しながら、太極拳の学習と考察、検証を繰り返し、研究を深めていくことです。
 稽古の最中には、必ず門人に現在の状態を訊ねるようにして、示していることと本人の動きの相違がどこから生じているのかを確認するようにしていますが、まだ学習が十分に進められていない状態だと、太極拳の訓練体系に則った上での回答が得られなかったり、反対に的外れな質問をされることがあります。

 例えば、よく聞く言葉として、

 「胸が動きにくいです。他の人からもよく指摘をされるので、自分で色々と工夫しているのですが」

 「膝が正しく動くときと、そうでない時があります。理由がよくわかりません」

 「歩くときに胯(クア)を動かそうとすると、どうしても左右にブレてしまいます」

 「体を固めてしまいます。もっと動けないとダメだと思います」

 ・・などが挙げられます。

 初心者であれば、このような質問は山ほど出てきます。それは、初めて太極拳に触れて、新しいことを教わり、示された動きと同じように自分が動いてみようとして、そこで出てくる自分の状態と疑問なので、むしろこのような質問は積極的な学習の姿勢として歓迎されるものです。
 ただし、同じような質問が研究会クラスから出ているとしたら、それは問題視されます。
 これらの何が問題かと言えば、一番目に挙げた「胸の動き」については、そもそも「胸をよく動かしなさい」という要求が太極拳にあるのか、という点です。
 胸に関する要訣に「含胸抜背(がんきょうばっぱい)」や「涵胸抜背(かんきょうばっぱい)」がありますが、示されているのは胸部の状態であって動き方ではないのです。
 もちろん、稽古中には「胸が動いていない」や「胸がここでもっとこのように動く」という指摘はされます。しかし問題はそのあと、各自がその言葉をどのように受け取り、咀嚼するのか。そのところこそが、私たち現代人がこの太極拳という伝統武藝を斯くも難しく習得しにくいものにしてしまっている原因のような気がしてならないのです。

 「胸が動いていない」ことを指摘された場合、多くの人は先ほど述べたように、より動くようにと自分なりの工夫を始めてしまいます。
 なぜ「自分なり」と断言出来るのかと言えば、太極拳の要訣に「胸はこのように動く」というものがない限りは、動かそうとする工夫は全て「自分なり」に過ぎないからです。
 「胸が動いていない」ことを要訣に従って受け取るならば、胸が動ける状態になっていない、つまりまだ胸の要訣が整えられていないことを指摘されているのです。それを、要訣を無視して、或いは要訣は要訣としてそこに置いておき、一生懸命胸を動かそうと努力しても、動かないのです。もしくは、仮に動くようになったとしても、それは太極拳として必要な動きではないため何の役にも立たないのです。

 他の、膝や胯(クア)、体の固さなどについても同じように考えることができると思います。
 膝や胯は動かせと言われたのでしょうか、体は動けないとダメなのでしょうか・・?
 自分のことを振り返ってみても、太極拳の要訣は「それはそれ」のように、まるで站椿専用の要訣のように捉えていたことが思い出されます。そのために、要訣に沿った稽古ができず、ずいぶん多くのことが見過ごされていました。
 それこそ、「基本が秘伝」と言われている理由が、何も分かっていなかったのです。

 基本となる立ち方と動き方。それは、站椿と太極歩であると、師父は仰います。
 当初、朝に晩に站椿の時間を取っていた私は、日々刻々と変化し、站椿と同じ状態で太極歩ができることに嬉々とし、「そうなのだ、やはり站椿と太極歩なのだ!」などと思っていたのですが、それは間違いでした。
 他の歩法などの基本功と一致せず、新たな問題が出てきたときには、やはり自分も「〇〇が動かない」と、自分なりの工夫でアプローチをしていました。
 要訣を整えようとすると、とても不自由で窮屈に感じられ、それを守ったままではとても動けないような気さえするのです。けれども、その状態こそが本来の学習に於いては、きちんと通過するべき正しい状態であったと、今なら思えます。

 自分にとって、新しく学ぶことが簡単なわけはないのです。ましてや、自分なりの今までと同じ関わり方で、何かを理解したり道を開いたりできるはずがないのです。
 だからこそ、わざわざ門に入り師匠に教えを請うわけです。そこでしか教えてもらえないことがあり、そこでしか見られない動きがあるからです。
 入門を希望する理由とは、自分がそれを習得するという、只それだけのためです。そのはずなのに、わざわざ門に入らなければ教われなかったことを見聞きしても、そのやり方で上手くいかないと、人はすぐに自分なりの工夫を始め、そして、遠回りをしてしまいます。
 上手く行こうが行くまいが、そこで注意深くコツコツと取り組んでいる人は、例えばその要訣の指し示す意味が少なからず見えてくるはずですし、一つの要訣が見えてくれば、自ずと他の要訣との繋がりも見えてくるのです。

 門人の皆さんの稽古を見ていて最も感じることは、それぞれのアプローチの仕方が、少なからず自分なりになっていることです。
 もっと、道場で教えられている太極拳そのものに漬けられてもいいのではないか、もっと太極の煙に燻されてもいいのではないか、それこそ、太極の海に飛び込んで、骨まで溶けて無くなる必要がある、と思います。
 なぜ、師匠の言葉をそのまま受け取らないのか、示されたことから解いて行こうとしないのか、とても不思議に思えます。
 「自分」が「自分」であるからこそ、勉強出来るなどと思っていたら、その人はそのままでは一生をかけても太極拳は理解できないことでしょう。

 私が今回の記事の内容を師父にお話ししたとき、師父は一言、こう仰いました。

 『学ぶということは、自分を否定することだからな・・』

 結局は、この一言に尽きるのだと、しみじみ思いました。
 「自分なり」にできることは、自分を肯定することが前提です。つまり、学べない。
 同じことが、日常に向かう自分、稽古に向かう自分、そして真伝に向かう自分に言えると思います。「自分なり」が入っていないかどうか。それを観照できて初めて、努力が実を結ぶのだと思います。

                                 (了)




2019年05月24日

門人随想「今日も稽古で日が暮れる」その42

   「弱さを知る」

                   by 太郎冠者
(拳学研究会所属)



 武術を稽古することの目的のひとつに、強くなることがあると思います。
 元々は、敵対する他者との闘争の手段として発展してきた武術は、当然のことながら自身を害しようとする人間よりも強くなければ、自らの身や、大切なものを守れません。

 ところが現代社会では、それまでは当たり前としてあった「強いものが正義」という考え方は、すでに過去のものとなりつつあります。国家間の紛争を解決する手段であった「戦争」という行為でさえ、第一次大戦後の1928年に締結されたパリ不戦条約以降、自衛以外の戦争は違法行為であると、国際的に認識されています。理由を作って、戦争を仕掛けていい時代は国際法的にも終わりを迎えています。
 また日常生活を送る中で、だれかが気に入らないから殴って言い聞かせてやろう、などということは、当然のことながら許されません。
 しかし、だからといって相手はこちらを害することを止めるということにはなりません。
単純に暴力に頼るという意味ではない中で、自分の身を守る手段は、自ら持っていなければ生きていくことができません。

 そのような中で生きる自分のような人間は、強さや弱さを、一体どのように考えていったらいいのでしょうか。

 太極武藝館の稽古をしていて感じるのは、人間の強さや弱さというのは、腕っ節の強さではなく、もっと他の部分にあるのではないかという点です。
 稽古中、たとえば対練をしていてだれかに崩されたとして、そのことに関して「弱い」と非難されることは決してありません。
 そもそも、試合形式のトレーニングをすることがないので、誰かと勝敗を比較して、優劣を決めるということはありません。勝ったから強い、負けたから弱いということはありません。

 これは考え方を変えれば、非常に洗練されたことであるといえると思います。
 武道をやっていない普通の人に話をしても、試合で勝敗を決めないのなら一体なにをやっているのか?と、なかなか理解してもらえないということは、ざらにあります。

 それよりも大切なことは、どのように稽古に取り組んでいるかだと思います。もちろん結果が伴わなければ稽古をしている意味はないですが、その結果が伴うかどうかという点も、端的に言って稽古への取り組み方に左右されるのだと思います。

 自分自身、稽古で壁にぶつかることはよくあることですし、自分が何にぶつかって戸惑っているのかわからず、そのためどうしていいか、打開する方法など全くわからないということもあります。
 そうしたとき、どうしても普段のやりかたとして、自分を強くすることで、つまり弱い部分を突っぱねようとすることで問題の解決に当たってしまうことがあります。
 本当の問題が「強くないこと」にあるのではなく「弱い」部分にあるのだということは、冷静に頭を働かせれば見えてくるのですが、問題の渦中にいる自分には、その部分が見えて来ず、すぐに結果が出そうな部分、強くあればいいという考え方にしがみついてしまうように感じます。
 当然のことながら問題は解決せず、時間が経つにつれて、むしろ複雑になっていくだけに感じられるものです。

 どうしたらいいかわからず、悶々とした日々を過ごす中でようやく、強くなろうとすることと弱さを知ることは全く違うことなのではないか、と思い至りました。
 自分だけでわかることはできず、色々と多くの人に心配や迷惑をかけながら、そう理解させてもらえるように導いていただいたおかげだと思います。

 自分がやることが何もかもうまくいかないように思え、どうしていいかわからなくなってしまったとき、師父に掛けていただいた言葉がありました。
 人間というのは、進化の途上にあって弱いものだから、うまくいかないことがあって当たり前だ、と。だから、そこから逃げずに立ち向かえるかどうかで、人間が決まるのだ、と。

 自分がうまくいかない原因は自分の中にあると思いながらも、それは自分の弱い部分を見ていないからではなく、自分に物事を解決していけるだけの強さがないからだ、と思い込んでいた自分には、ぱっと視界が開けるような言葉に感じられました。

 ただ強くなろうとするだけだと、自分の中にある弱い部分を隠すようになり、いつのまにか、他の人から見えないように、そして何より自分から見えないように蓋をしてしまうようになります。
 そうなると、問題の根本はそこにあるのに、いつしか取り繕うことばかりに労力を使うようになり、本当に必要な解決にまで力が注げなくなっていってしまうようでした。

 もちろん、見える人にはそれが見えているのだと思いますが、自分は隠すことに必死になり、その弱い部分にふくまれている本当の自分が見えなくなってしまいます。
 そんな中で、自分を見つめていかなければいけないことなどできるわけがありませんでした。

 現状で問題が解決はしていないのですが、問題として隠していた部分には、少しだけ光が当たってきたように感じます。それがどのようになっていくのかはわかりませんが、分からずにふさぎ込んでいたときよりは、一歩前進しているのではないかと思います。

 自分の中の弱さを知っていくことは、そのまま本来の自分がどのような存在であるかを知っていく過程に繋がっていると思います。
 そうすることで始めて、本当に自分ができることは何なのかが、見えてくるのではないかと思います。

 太極拳はだれにでも出来る、と師父は仰いますが、それが簡単には見えてこないのは、自分の中にある能力を、本当は自分自身が一番見出せていないからなのかもしれません。
 特に、画一的な教育を受けてきた自分たちの世代にとって、能力とは他者との比較で測られるものであり、その中で優劣を決められるものでした。
 自分の中にあるものが他者とは比べられない唯一のものであったり、また能力が伸びていく道筋や時間も唯一のものであった場合、それらの比較の仕方では、本来の能力など伸ばしていけるわけはないと思います。
 そうして画一的に育てられれ評価されてきた人たちが、いざ、自分の本来の姿を見つけろと言われても、なかなか簡単にはいかないのではないでしょうか。

 そこから脱却していけるかどうかが、太極拳のみならず、これからより良く生きていくために、自分も含め、多くの人々には必要になってくることではないかと思います。
 そうして初めて、太極拳が理解できる土台が出来上がるのだとしたら、それに取り組まない理由はないのではないかと思います。

                                 (了)



 *次回「今日も稽古で日が暮れる/その43」の掲載は、7月22日(月)の予定です


2019年04月18日

門人随想「今日も稽古で日が暮れる」その41

  「動くということ」

                   by 太郎冠者
(拳学研究会所属)



 最近、研究会で行われているガンハンドリングの稽古をしているときに、「体が動いていない」という注意を受けます。

 師父の動きを拝見していると、銃を構えるとき、手だけの動きにならずに、わずかな動きに際しても全身が同調して動いているのが見て取れます。
 振り返って自分の動きを見てみるとどうでしょうか。

 鏡に自分の姿を写してみると、銃を持ち上げる腕は肩から先の動きが主であり、足腰は重く、地面に居ついているように見えます。
 師父がさながら、いつでも獲物に飛び掛かることのできる動物だとすると、こちらはドッシリと待ち構え、動きのとれない置物のようにさえ見えます。
 どうしてこのような違いが生まれてしまうのでしょうか。


 人間が野生の中で、狩猟採集民として生活していた時代、現代人に比べて人間の体はもっと活動的であり、動く量が多かったと言われています。
 考えてみれば当たり前のことですが、自分の足で動き回り、体を使って食料となる動植物を集めないことには、生活そのものが成り立ちません。
 現代人の生活を見てみると、たいして体を使わなくても生きていくことができるような社会が出来上がってしまっています。
 古くはギリシャ・ローマ時代の貴族たちの時でさえ、身の回りのことは全て奴隷が執り行い、自分は何もしなくても生活できるような社会になっていたらしく、それではいけない、健康によくないということで運動をするようになり、それがスポーツの起源となったという話があります。

 言葉でいうと体を使う、動くという表現になっても、武術的な体の動きは、生き残るための必要性から生じたものだと思います。
 それと比べ、スポーツはその成り立ちからしてすでに違うところから生じており、スポーツ的な発想では武術の体の使い方ができないというのも、頷けます。

 ガンハンドリングの稽古の最中に自分が受けた注意として、「体が動かない」という点と「的当て」になってしまっているというものがあります。
 スポーツとして銃を扱うのなら、的にどれだけ当たるかが争点となるので、極端な話、体など動かなくてもいいということになります。
 自分の頭に染み付いてしまっている考え方の根は深く、好き好んでやろうとしているわけではなくても、どうしても出てきてしまうものです。これは、しっかりと解決していかないといけない課題です。


 最近の科学的な研究によると、そもそも人間の体は、カウチソファでのんびり過ごすようには出来ておらず、体を動かしていないとその機能が低下し、健康を害するとのことです。
 比較としてよく出されるのは、チンパンジーやゴリラなどの類人猿ですが、彼らは一日の運動量が、人間とくらべかなり少ないことが明らかになっています。
 移動距離もせいぜい1日数キロで、移動した先で食料を食べ続けるのが主な生活です。
 面白いのは、ゴリラなどはぜんぜん体を使わない生活をしていても、心筋梗塞などの生活習慣病のリスクが上がらないのですが、人間が同じ生活をすると、とたんに病気になるリスクが上昇するという研究結果です。
 そもそもの構造からして、人間の体は、野生動物以上に動く必要性がある造りになっているということのようです。
 逆に言えば、人間は他の野生動物以上に、動き続けることのできる動物ということです。
 野生に生きる動物は、わりと止まっていることが多いのに対し、人間は一日中動き続けることのできる生き物です。それは、野生環境を生き抜く上では、かなり有利に働いたはずです。

 少し話が逸れましたが、我々現代人も、体の構造という点では、野生を生きていた先祖たちと同じ造りをしており、そもそもが体を動かし続けることに特化した生き物であるはずです。
 体が使われなくなった理由としては、やはり生活でその必要性がなくなったからという点が挙げられると思います。

 では、戦闘状態に置かれた場合、果たして動かずに生き延びるということが可能でしょうか。
 そんなことはありえない、と言えるはずです。
 日常生活にどっぷりと浸かった思考からでは、たったひとつ銃を持ち上げるという動作を取っても、体を使わずに行われてしまいます。
 これはどうにかしないといけません。

 常々、師父に指摘して頂いている通り、一般的な日常生活の中には、危機感が不足していると思います。何かが起きたとき、とっさに動けるかそうでないかは、まさに生死を分かつ問題であるはずなのに、なかなかそれが省みられることがありません。

 人間という生き物の体に対する不理解と、そこから作り上げられた社会生活にどっぷりと浸かった考え方。
 日常生活の中においてさえ、それらは最終的に健康を害することにつながり、人として良く生きることを妨げることになります。
 ましてや、戦闘という極限状態を考えるなら、それらは即座に命を危険に晒すことにつながるはずです。

 とにもかくにも、「動けるか」どうかということは、短期的に自らの命をリスクに晒すことであり、長期的に見ても、自らをリスクにさらすことにつながる問題だと思います。
 いつか、とか、いずれどうにかするではなく、今まさに解決しなければならない喫緊の問題であるはずです。

 ガンハンドリングという、普通ではやらない課題を与えられることで、その中に出てくる自分の考え方が、あぶり出されるように感じます。
 その課題と向き合い、解決していくことが、太極拳のみならず、生きていく上での問題とも関わっていくことになると感じます。

                                  (了)


 *次回「今日も稽古で日が暮れる/ その42」の掲載は、5月22日(水)の予定です


Categories

 北朝鮮の拉致を許すな!



訪問者


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)